タグ:魯迅故居 ( 1 ) タグの人気記事

北京一泊旅行(3)

24日、昼食後は地下鉄に乗って、阜成門へ。
駅から少し歩いたところに、“北京魯迅博物館”がある。

魯迅については、5月29日のブログにて↓。
5月29日 本「阿Q正伝・狂人日記 他十二篇(岩波文庫)」

“北京魯迅博物館”は、北京にも住んでいたことのある魯迅に関する品が
展示されている。
魯迅ゆかりの品々ももちろん、自分が読んだことのある小説の直筆の
原稿など、とても興味深い。

魯迅が仙台にいた頃のゆかりの品も展示してある。
中学の教科書にも載っている魯迅の自伝的小説「藤野先生」。
小説の中に出てくる、藤野先生が添削したノートや、藤野先生の写真
などを見たとき、すごく魯迅が身近に感じられた。

[北京魯迅博物館]
a0101716_1214341.jpg

a0101716_12142282.jpg

a0101716_12145027.jpg

a0101716_1215740.jpg

a0101716_1215239.jpg

a0101716_12163223.jpg

a0101716_12165120.jpg

a0101716_1220248.jpg

a0101716_12171365.jpg

a0101716_12182895.jpg

a0101716_1225520.jpg

a0101716_1220439.jpg

a0101716_12222396.jpg

a0101716_1225272.jpg

a0101716_12205821.jpg

[「藤野先生」関連の品々]
a0101716_1217324.jpg

a0101716_1217485.jpg

a0101716_121856.jpg

展示室のある建物の横には、魯迅が住んでいた家が残っている。
四合院作りの家の庭には、魯迅が植えた木が今でも元気に育っていた。

[魯迅故居]
a0101716_12212064.jpg

a0101716_12214829.jpg

a0101716_1222467.jpg

敷地内の本屋にて、博物館の本と魯迅の小説2冊を購入。
小説の方は、中国語の原文に日本語の訳付き。
ちょっとずつ中国語の原文を読んでみようと思っている。

[博物館で購入した本たち]
a0101716_12264484.jpg

(つづく)
[PR]
by yuzitj | 2007-06-28 06:00 | 北京