<   2012年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

知多日帰り旅行

昨日(1/29)は、朝から良い天気だったので、知多方面へお出掛け。

まずは、知多郡美浜町にあるレストラン“納屋”へ。
“納屋”は、目の前が伊勢湾。
中部国際空港が近く、離陸・着陸する飛行機が間近に見えた。

窓際のカウンター席に座ると、海を眺めながら、食事が出来る。
でも、カウンター席について、しばらくしたら、目の前に車が駐車!
せっかくの景色が台無しになってしまった…。
カウンター席前は、駐車禁止にして欲しいなぁ…。

[納屋前の伊勢湾]
a0101716_925876.jpg
a0101716_9252035.jpg

[納屋]
a0101716_9253861.jpg
a0101716_9254994.jpg

(カウンター席からの眺め)
a0101716_926422.jpg

(納屋おまかせランチ)
a0101716_9263371.jpg
a0101716_9263863.jpg
a0101716_9264687.jpg
a0101716_9264874.jpg
a0101716_9265692.jpg

ランチの後、近くにある野間灯台へ。
野間灯台は、高さ18m。
1921年に設置された愛知県最古の灯台だそうだ。
灯台の柵に恋人同士で南京錠を掛けると一生結ばれるそうで、
カップルが多かった。

[野間灯台]
a0101716_9341016.jpg
a0101716_9341559.jpg
a0101716_9342065.jpg
a0101716_9342527.jpg
a0101716_9343166.jpg

灯台を観た後、少し戻って、常滑へ。
常滑は、やきものの町。
常滑焼は、瀬戸焼・越前焼・信楽焼・丹波焼・備前焼と並ぶ日本
六古窯のひとつ。
町には、常滑焼の工場や窯元、ギャラリーが並び、道の両脇の壁
には、陶器の土管や焼酎瓶が埋め込まれている。
陶磁器会館で町のマップをもらい、“やきもの散歩道”を歩いてみた。

[やきもの散歩道]
a0101716_9491866.jpg
a0101716_9492441.jpg
a0101716_9493073.jpg
a0101716_9493984.jpg
a0101716_9494839.jpg

a0101716_9504625.jpg

(常滑のマスコット“とこにゃん”(高さ3.8m))
a0101716_9495792.jpg

a0101716_9512100.jpg
a0101716_9511293.jpg

(廻船問屋 瀧田家)
a0101716_9545782.jpg
a0101716_955574.jpg
a0101716_9551597.jpg
a0101716_9551928.jpg

(デンデン坂)
a0101716_9553456.jpg
a0101716_9554058.jpg
a0101716_9555063.jpg

(土管坂)
a0101716_9561025.jpg
a0101716_9562692.jpg
a0101716_9563245.jpg
a0101716_9564483.jpg

(登窯広場)
a0101716_100103.jpg
a0101716_1002078.jpg

(登窯)
a0101716_1004140.jpg
a0101716_1005082.jpg
a0101716_1005872.jpg
a0101716_101853.jpg
a0101716_1014569.jpg

a0101716_102177.jpg
a0101716_102277.jpg
a0101716_1023427.jpg
a0101716_1024173.jpg
a0101716_1025089.jpg
a0101716_1025862.jpg
a0101716_103759.jpg
a0101716_1031594.jpg
a0101716_103255.jpg
a0101716_1033586.jpg
a0101716_1034282.jpg
a0101716_1035142.jpg
a0101716_1035914.jpg
a0101716_104546.jpg

今回、“やきもの散歩道”のAコースを回ったが、なかなか興味深い
町だった。
この日は寒かったので早歩きになってしまった…。
もう少し暖かくなったら、ゆっくりギャラリーやカフェにも訪れてみたい。

常滑の町を散策した後、知多半島を横断して、武豊町へ。
武豊町には、味噌・たまりの醸造元が集まる里中地区がある。
里中地区にあるカフェでひと休み。

訪れたのは、“煎売喫茶 治郎兵衛”。
味噌・たまりの蔵元の本宅だった築120年の建物を改装したお店で、
落ち着いた雰囲気。
カフェ・オレとチーズケーキを注文。
シフォンケーキが食べたかったのだが、残念ながら売り切れ…。
でも、チーズケーキも美味しかったので、満足!

[煎売喫茶 治郎兵衛]
a0101716_10192549.jpg
a0101716_10193633.jpg
a0101716_10194623.jpg
a0101716_10195187.jpg
a0101716_1020394.jpg

“治郎兵衛”を出た後、もう一箇所寄り道することに。

[夕景]
a0101716_10291830.jpg

寄り道したのは、前日テレビ(『ぐっさん家』)で観た、大府の
JAあぐりタウン げんきの郷”。
地元農家の野菜や果物、地元食材を使ったお惣菜やパンなどが
売られている。
お惣菜目当てで行ったのだが、閉店前で棚は空っぽ…。
野菜や果物もあまり無く、地元で採れたミカンだけ買った。

“げんきの郷”には温泉施設もあり、かなりの賑わい。
足湯だけ入って、帰ることにした。

[げんきの郷 足湯]
a0101716_10274255.jpg

知多半島の町々は、なかなか奥深い!
日帰りでは、ぜんぜん時間が足らない…。
何度も通わなければ!


★お知らせ★
この記事が、「旅の口コミ&ランキングサイト トリップアドバイザー”様の
“知多市の旅行情報 お役立ちリンク集”に掲載されました↓

知多
旅行口コミ情報
[PR]
by yuzitj | 2012-01-30 10:43 | 旅行

『ぐっさん家』プレゼント当選!

東海テレビで放送中の『ぐっさん家』という番組は、“ぐっさん”こと
山口智充さんが、東海地方を中心に、あちこちを巡るバラエティ番組。
私は毎週録画をして、何度も観てしまうくらい好きな番組である。

先週(1/21)、先々週(1/14)の放送は、番組10年目ということで、
いつもの東海地方ではなく、福岡・湯布院の旅。
福岡も湯布院も、いつかは行ってみたい所なので、番組を観ながら、
美味しそうなお店やお土産物屋さんをリサーチ。

先週の放送では、湯布院を紹介。
お土産物屋さんで、“ぐっさん”がガマグチのお財布を買うことに。
“ぐっさん”が選んだのは、藍の型染め布を使ったガマグチ財布。
型染めの布が好きな私は、そのお財布に一目惚れ!
「いいなぁ~」と思っていたら、なんと“ぐっさん”とお揃いのお財布を
視聴者にプレゼントするらしい。

番組を観終わった後、早速ハガキを書いて応募した。
応募して1週間、今日いきなりプレゼントが届いた。
まさか当たるとは思っていなかったので、ビックリ!
博多土産や湯布院土産、その他に番組グッズも入っていて、とても
嬉しかった!
何よりも、“ぐっさん”とお揃いのガマグチ財布は、超嬉しい!!

[九州プレゼント]
a0101716_14123648.jpg

(博多土産)
a0101716_14124346.jpg

(湯布院土産)
a0101716_1413456.jpg
a0101716_141369.jpg
a0101716_141315100.jpg

(番組グッズ)
a0101716_14132122.jpg

ちなみに、下の画像↓は番組HPより拝借…。
“ぐっさん”が持っているのが、お箸とお財布の袋。
ガマグチ財布、当たったのは良いが、今はまだ、もったいなくて
使えない!

[湯布院での“ぐっさん”]
a0101716_1416642.jpg

いつか近いうちに、福岡・湯布院の旅をしたい!
その時は、『ぐっさん家』で紹介したお店ばかり行ってしまいそう
だなぁ…。
[PR]
by yuzitj | 2012-01-28 14:26 | テレビ

春節快楽!

春節快楽!
今日は、旧正月“春節”。
a0101716_871428.jpg

昨日の夜は、天津での大晦日の賑やかな爆竹や花火のビデオを観て、
懐かしい気分になった。
その後、近所の中国東北料理の店『国味津香』へ。

[国味津香]
a0101716_872827.jpg

a0101716_875096.jpg

[トマト卵炒め]
a0101716_873093.jpg

[東北茄子炒め]
a0101716_873874.jpg

[細切豚肉の豆腐包み]
a0101716_874010.jpg

[水餃子]
a0101716_874865.jpg

皆様にとって、今年も(は)良い年となりますように!
[PR]
by yuzitj | 2012-01-23 08:23 | 行事

台北旅行(7)

“阿妹茶酒館(阿妹茶楼)”でゆっくり過ごしているうちに、だんだん
日が暮れてきた。
“九份”の店々に飾られた提灯がともり、情緒ある風景に変わって
きた。
“阿妹茶酒館”を出て、夜の“九份”を散策。

[夜の九份]
a0101716_11295794.jpg
a0101716_11301698.jpg
a0101716_11302394.jpg
a0101716_11303432.jpg
a0101716_11304026.jpg
a0101716_11305453.jpg
a0101716_1131151.jpg
a0101716_11311375.jpg
a0101716_11312093.jpg

せっかくなので、“九份”の名物である“芋圓”(芋団子)を食べる
ことにした。
“芋圓”発祥の店“阿柑姨芋圓店”で、豆類ミックスの温かい“芋圓”を
買った。
ぜんざいのような汁に、モッチモチの芋団子。
日が暮れてから少し肌寒く感じていたので、温かい芋団子がとっても
美味しかった。

[阿柑姨芋圓店]
a0101716_1139979.jpg

(芋圓)
a0101716_11391588.jpg

“芋圓”を食べた後も、夜の“九份”を散策。

[夜の九份]
a0101716_11402560.jpg
a0101716_11403768.jpg
a0101716_11404925.jpg
a0101716_1140569.jpg
a0101716_1141722.jpg
a0101716_11411897.jpg
a0101716_11413030.jpg
a0101716_11414618.jpg

帰りは、台北直行のバスに乗って帰ることにした。
しかし、台北行きのバスは、長~い行列。
しかも、ほとんどが日本人観光客…。
2時間ほど待って、ようやく乗れた。

台北の忠孝復興路でバスを降り、時間が遅かったので、近くで
夕飯を食べることにした。
ガイドブックで探すと、小龍包で有名な“鼎泰豊”の支店が近くに
あることが分かった。
本店に行きたかったのだが、閉店間際だったので、支店で我慢!

小龍包、エビ焼売、トマトと野菜のスープを注文。
“鼎泰豊”の小龍包、久しぶりに食べたのだが、やはり濃厚で
ジューシー!

[鼎泰豊 忠孝店]
a0101716_11523679.jpg

(小龍包)
a0101716_1153165.jpg

(エビ焼売)
a0101716_11532964.jpg

(トマトと野菜のスープ)
a0101716_1153447.jpg

翌12月29日は、旅行最終日。
ホテルをチェックアウトし、土産を買いにお出掛け。
ちょっとした土産は、スーパーにて。
日本の調味料や食材がたくさん売っていてビックリ!

台湾土産の定番“鳳梨酥”(パイナップルケーキ)は、ネットで
調べておいた“微熱山丘台北茶話會”で買うことにした。

“微熱山丘台北茶話會”は、松山地区にある。
タクシーで行ってみると、洒落たカフェのようなお店。
店に入ると、パイナップルケーキとお茶がサービスで。

この店のパイナップルケーキは、無農薬栽培のパイナップルを
使ったジャムで、生地に使う材料も厳選したものなのだそうだ。
食べると、素朴で優しい味がした。

食べていると、どんどんお客が入ってくる。
街中からはちょっと離れているにも関わらず、美味しいからか、
人気店らしい。

[微熱山丘台北茶話會]
a0101716_12152639.jpg
a0101716_12153210.jpg
a0101716_12154390.jpg

パイナップルケーキを幾箱か買って、近くを散策。
昼食にはちょっと早かったが、小龍包の“小上海”へ。

“小上海”は、貝柱スープのダシが効いた、あっさり系の小龍包。
“鼎泰豊”の小龍包も美味しいが、個人的には“小上海”の方が
好みかも。

小龍包の他に、甘いデザート系のご飯“八宝飯”も注文。
こちらも美味しかった。

[小上海 民生店]
a0101716_1224786.jpg

(小龍包)
a0101716_12241994.jpg

(八宝飯)
a0101716_12242532.jpg

帰りは、台北松山空港にあるMRTの駅から、ホテルに戻ることにした。

[台北松山空港]
a0101716_1227469.jpg

ホテルから空港へは、送迎バスにて。

[車窓からの台北駅]
a0101716_1228548.jpg

途中、中山地区の免税店に寄ったが、買う物がなかったので、
外で散策。

[免税店の近くにて]
a0101716_12345739.jpg

歩いていると“天仁茗茶”のテークアウト出来る店があったので、
タピオカミルクティーのホットを注文。
ホットは初めて飲んだが、アイスで飲むより、紅茶の風味が良く
分かり、美味しいかも!

[天仁茗茶]
a0101716_12341792.jpg

空港に到着。

[台湾桃園国際空港]
a0101716_1238186.jpg
a0101716_12382635.jpg
a0101716_12383266.jpg

(空港とコンビニで買った台湾のペットボトルのお茶)
a0101716_12392098.jpg

まだまだ遊び足りない、食べ足りない!という気分で帰国。
またすぐにでも台湾へ飛んで行きたい気分!
しばらくは、土産に買った台湾茶を飲んで、思い出に浸ろう…。
[PR]
by yuzitj | 2012-01-11 00:00 | 旅行

台北旅行(6)

昼食後、タクシーに乗って、台北駅へ。
昼からは列車に乗って、“九份”へ行くことに。

台北駅から莒光号に乗って、50分程で瑞芳駅へ。
瑞芳駅からは、20分程バスに乗って、舊道バス停で下車。

[台湾のタクシー]
a0101716_10184279.jpg

[台北駅]
a0101716_1019334.jpg
a0101716_10192490.jpg

[莒光号]
a0101716_10323559.jpg

[瑞芳駅]
a0101716_10325950.jpg

舊道バス停で降りると、基隆湾が見えた。

[基隆湾]
a0101716_10343329.jpg
a0101716_10344678.jpg

“九份”は、戦前、金鉱の街として栄えていたところ。
閉山後は静かな街だったが、そのレトロな街並みが、映画「悲情城市」
の舞台となったり、「千と千尋の神隠し」の街のモデルとなったりした
ことで、賑やかな観光名所となった。

舊道バス停から歩いてすぐに、散策のスタート地点である“基山街”が
ある。
“基山街”は、小吃の屋台や土産物屋が並ぶアーケード街。
狭い道は、観光客でいっぱい!

[基山街]
a0101716_10471559.jpg
a0101716_10472683.jpg
a0101716_10473778.jpg
a0101716_10474372.jpg

(ピーナッツクレープ“花生捲”)
a0101716_104806.jpg
a0101716_10481623.jpg

(台湾版よもぎ餅“菜脯粿”)
a0101716_10483078.jpg

(紅麹風味の豚肉入り餅“肉圓”)
a0101716_10485095.jpg
a0101716_1049519.jpg

“九份”のメインストリートとなる石畳の階段道“豎崎路”。
“豎崎路”には、レトロな佇まいの茶芸館などが並ぶ。

[豎崎路]
a0101716_1104770.jpg
a0101716_111048.jpg

映画「悲情城市」にも登場した“阿妹茶酒館(阿妹茶楼)”に入って、
お茶することにした。
基隆湾を眺めることが出来るテラス席へ案内してもらった。

注文したのは、“金萱茶”と自家製の茶菓子。
“金萱茶”は、ミルクのような甘い香りのする烏龍茶。
飲んでみて納得、一番人気なのが分かる!
茶菓子は、抹茶ミルクプリンと杏仁豆腐を選んだが、どちらも美味!
居心地が良くて、何時間でも座っていたくなるような気分になった。

[阿妹茶酒館]
a0101716_11175228.jpg
a0101716_1118105.jpg
a0101716_11181763.jpg
a0101716_11183289.jpg
a0101716_11184686.jpg
a0101716_11185510.jpg
a0101716_1119356.jpg
a0101716_11191525.jpg

(つづく)
[PR]
by yuzitj | 2012-01-10 00:00 | 旅行

台北旅行(5)

翌12月28日は、朝から良い天気。

[ホテルの部屋からの眺め]
a0101716_944617.jpg
a0101716_945623.jpg
a0101716_95799.jpg

歩いてMRTの駅“小南門”へ。
ホテルの近くには、台北城の“重熙門”があった。

[ホテルの近くにあった“重熙門”]
a0101716_992054.jpg

信義地区の“台北101”へ。
ショッピングモールから入り、展望台へ。

“台北101”は高さ509.2mで、世界第2位の高さを誇る。
展望台は89階、高さ382.2m。
普段なら91階の屋外展望台にも行けるそうだが、年末イベントの
準備(年末の花火?)で、この日は91階には行けなかった。

展望台からは、360度、台北市街を一望出来る。
眼下の建物がミニチュアのよう。

88階に降りて、“台北101”の風対策として設置されているウインド
ダンパーを見学。
球体のダンパーが風と共に揺れることで、ビルのバランスを保って
いるそうだ。

展望台から降りて外に出てみると、ロバート・インディアナのLOVE
オブジェがあった。
そういえば、台湾ドラマで見たような…。

[台北101]
a0101716_929154.jpg
a0101716_929994.jpg
a0101716_9292045.jpg
a0101716_9293645.jpg
a0101716_9294991.jpg
a0101716_9295821.jpg
a0101716_930109.jpg
a0101716_9301888.jpg
a0101716_9302552.jpg
a0101716_9303475.jpg
a0101716_9304329.jpg
a0101716_9305290.jpg
a0101716_931062.jpg
a0101716_931954.jpg

(ウインドダンパー)
a0101716_9312327.jpg
a0101716_9313495.jpg
a0101716_9314110.jpg
a0101716_9315136.jpg
a0101716_9315926.jpg
a0101716_932102.jpg

信義地区からタクシーに乗って永康街へ。
刀削麺が食べたかったので、“一品山西刀削麺之家”という店に
入ってみた。
牛肉刀削湯麺とトマト刀削麺を注文したが、どちらも美味!
刀削麺のモッチリ感も最高!

探していた店が見つからず、何気なく入った店だったのだが、店を
出た後、看板の下に『栄獲2010年台北国際牛肉麺節特優店家』の
横断幕があることに気付いた。
“特優店”がいくつ選ばれたのか分からないが、とにかく美味しいお店
には違いなさそう。

[一品山西刀削麺之家]
a0101716_1015858.jpg

(牛肉刀削湯麺)
a0101716_1021010.jpg

(トマト刀削麺)
a0101716_1021490.jpg

(つづく)
[PR]
by yuzitj | 2012-01-09 00:00 | 旅行

台北旅行(4)

“梅子餐廳”での昼食後は、車窓から“総統府”を見学。
“総統府”は、日本統治時代の旧台湾総督府。
台湾では1月14日に総統・副総統選挙があるので、街中が選挙
ムード。
“総統府”も、ステージ(?)を組んで選挙準備の様子だった。

[総統府]
a0101716_18341423.jpg
a0101716_18342787.jpg
a0101716_18343673.jpg

次は、“中正紀念堂”へ。
“中正紀念堂”は、中華民国初代総統“蒋介石”の功績を讃え、
逝去後に建てられた記念公園。
車窓からは、同じ敷地内にある“国家戯劇院”が見えてきた。

[国家戯劇院]
a0101716_18393514.jpg

正面の門は、高さ30m。
門をくぐり、紀念堂へと歩いていった。

公園内を歩いているうち、朝から降り続いていた雨が次第に止んで
青空が見えてきた。
紀念堂では、ちょうど衛兵の交替式が行われていた。

“国家戯劇院”の向かいには、“国家音楽廳”。
オレンジの屋根と青空のコントラストが鮮やかだった。

[中正紀念堂]
a0101716_18423967.jpg
a0101716_18425454.jpg
a0101716_1843775.jpg
a0101716_18431623.jpg
a0101716_1843278.jpg
a0101716_18433839.jpg

(衛兵交替式)
a0101716_18456100.jpg
a0101716_18442315.jpg
a0101716_18452024.jpg
a0101716_18453269.jpg

(国家音楽廳)
a0101716_18454476.jpg
a0101716_1846553.jpg

次に向かったのは、“行天宮”。
“行天宮”は、商売繁盛を祈願する寺で、商売の神である関羽が主神と
して祀られている。
この寺も、大勢の参拝客で賑わっていた。
お参りと、占い(聖筊)をしたが、こちらでも1回で裏表が出た。
ラッキー!

[行天宮]
a0101716_18544288.jpg
a0101716_18545410.jpg
a0101716_1855437.jpg
a0101716_18551525.jpg
a0101716_18552867.jpg
a0101716_18553734.jpg
a0101716_18555375.jpg
a0101716_1856148.jpg

この後、足裏マッサージへ。
台湾式はツボに効き、かなり痛い!
マッサージ後は、ホテルへ送ってもらった。
これで、オプショナルツアーは終了。

夜は、街へお出掛け。
忠孝地区の、火鍋屋が並ぶ通りへ。
どこが良いか分からなかったので、適当に入ってみた。

[火鍋屋が並ぶ通り]
a0101716_1941550.jpg

入ったのは、串焼きと火鍋のお店“J・BAR”。
鴛鴦火鍋と串焼きのセットを注文。
久しぶりの火鍋、美味しかった!

[J・BAR]
a0101716_196423.jpg

a0101716_1972140.jpg
a0101716_1974243.jpg

火鍋を堪能した後、信義地区へ。
書店やCDショップ、文房具店などが入っているショッピングモール
“誠品 信義店”へ。
CDショップでは王力宏の新作CDを購入したり、書店や文房具店で
ブラブラしたり。

[誠品 信義店]
a0101716_19105946.jpg

ビルの外に出てみると、夜のライトアップも消えた“台北101”が
見えた。
もうちょっと早かったら、綺麗な“台北101”が見られたのに、残念!

[台北101]
a0101716_1912798.jpg
a0101716_19121820.jpg

(つづく)
[PR]
by yuzitj | 2012-01-08 00:00 | 旅行

台北旅行(3)

12月27日、旅行二日目は、朝から雨…。
でも、この日は朝早く起きて、オプショナル・ツアーで観光地巡り。

まずは、“保安宮”へ。
“保安宮”は、健康祈願の寺。
ガイドさんに、台湾式のお参りの仕方を教えて貰った。

面白かったのが、“聖筊”。
赤い三日月型の木片を二つ投げて、一つが表で一つが裏なら、
願いが叶うというもの。
3回まで投げて良いのだそうだが、私は1回でOKだった。
願いは叶うかな?

[保安宮]
a0101716_12425690.jpg
a0101716_1243740.jpg
a0101716_12431979.jpg
a0101716_12432815.jpg

(聖筊)
a0101716_12433858.jpg

a0101716_12434954.jpg
a0101716_1244257.jpg
a0101716_12441237.jpg

次に向かったのは、“忠烈祠”。
“忠烈祠”は、1911年の辛亥革命から現代までに殉死した英霊が
祀られている。
ここでは、朝一番の衛兵交替式を見学した。

[忠烈祠]
a0101716_12481766.jpg
a0101716_12482658.jpg
a0101716_12483442.jpg
a0101716_12484429.jpg
a0101716_12485459.jpg
a0101716_1249389.jpg
a0101716_12491268.jpg
a0101716_12492148.jpg
a0101716_12493190.jpg
a0101716_12494045.jpg
a0101716_12495335.jpg
a0101716_12501023.jpg

a0101716_12505469.jpg
a0101716_1251796.jpg
a0101716_12511967.jpg
a0101716_12513321.jpg
a0101716_12514624.jpg
a0101716_1252349.jpg

次は、“故宮博物館”へ。
“故宮博物館”は、中国歴代皇帝の至宝など約65万点が収蔵されて
いる。
とにかく観光客が多くて、“翠玉白菜”や“肉形石”などの代表的な
展示品を観るだけで精一杯…。

[故宮博物館]
a0101716_1364789.jpg
a0101716_137171.jpg

“故宮博物館”の後は、茶芸館“茶楽”へ。
入り口に、高価な普洱茶が…。
世界に3つしかないという貴重な普洱茶も。
ここでも数種類の台湾茶を頂いた。

[茶楽]
a0101716_13152473.jpg
a0101716_13153549.jpg

(貴重な普洱茶)
a0101716_13154510.jpg
a0101716_13155679.jpg
a0101716_1316444.jpg
a0101716_13161729.jpg

昼食は、台湾料理の老舗“梅子餐廰”にて。
日本人の口に合う味付けらしく、店内は日本人観光客でいっぱい!
ここでは色んな台湾料理を食べたのだが、次々と料理が運ばれて
きて、なかなか写真を撮る暇が無かった…。
もっと料理の写真、撮れば良かったなぁ…。

[梅子餐廰]
a0101716_1323297.jpg

(台湾式オムレツと東坡肉)
a0101716_13231452.jpg

(魚のすり身団子スープ)
a0101716_13232485.jpg

(つづく)
[PR]
by yuzitj | 2012-01-07 00:00 | 旅行

台北旅行(2)

“龍山寺”から、台北の鉄道交通システムMRTに乗って、“西門”へ。

[MRT]
(自動券売機)
a0101716_11483562.jpg

(MRTの切符)
a0101716_11484589.jpg

(MRTの列車)
a0101716_11485226.jpg

“西門”は台北の原宿と呼ばれていて、若者の買い物客が多い街では
あるが、台湾政府が初めて建てた公営の市場“西門紅楼”(日本籍の
建築家、近藤十郎が設計した)や、“天后宮”(日本統治時代の「弘法寺」)
など、街の所々に、古い建物も残っている。

[西門]
a0101716_1152466.jpg

(西門紅楼)
a0101716_11521386.jpg
a0101716_11522321.jpg

(天后宮)
a0101716_11523223.jpg
a0101716_11524041.jpg
a0101716_11524981.jpg

“西門”でブラブラした後、またMRTに乗って、夜市で有名な“士林”へ。
士林で降りてすぐ、屋台が並んでいた。
早速、羊肉串を買って食べてみると、懐かしい味!

[士林夜市]
a0101716_1242678.jpg
a0101716_1243728.jpg
a0101716_1245222.jpg

a0101716_125473.jpg

他にも屋台では、“高雄肉圓”(餅の中に肉餡)や、“炸鮮奶”(ミルク
クリームを揚げたもの)を買って食べてみた。
どれも美味しかった!

[士林夜市]
a0101716_12193795.jpg
a0101716_12195320.jpg
a0101716_1220333.jpg

(高雄肉圓)
a0101716_12201224.jpg

a0101716_12202211.jpg

(炸鮮奶)
a0101716_1220291.jpg
a0101716_12203716.jpg

地上の屋台街にも人は多いが、“士林市場”の地下には“美食街”が
あって、こちらもかなりの混雑ぶり!
“美食街”では、台湾名物“魯肉飯”(煮込み豚肉をかけたご飯)と、
“牛肉麺”を食べてみた。

[美食街]
a0101716_12211668.jpg
a0101716_12212662.jpg

(魯肉飯)
a0101716_12214178.jpg

(牛肉麺)
a0101716_1222069.jpg

“小吃”をちょこちょこ食べていたら、お腹いっぱいに。
この後、ホテルに戻り、就寝。

(つづく)
[PR]
by yuzitj | 2012-01-06 00:00 | 旅行

台北旅行(1)

明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

昨年末12月26日から3泊4日で台北へ。
中国茶や台湾ドラマやC-POPが大好きな割には、今回が初台湾!

12月26日の朝は寒波で、中部国際空港に着くと雪が降っていた。
しかし、飛行機には雪の影響はなく、定時に離陸。

[中華航空、機内のパーソナルテレビ]
a0101716_10511335.jpg

機内では、金城武が出演している映画「武侠」を鑑賞。
楽しみにしていた映画だったのだが、カンフーのシーンでは、かなり
エグい場面も…。
お陰で、機内食があまり食べられなかった…(--;)

映画が終わると、飛行機はちょうど着陸態勢に。
ほどなく台湾桃園国際空港に到着。
あいにくの曇り空だったが、寒波の日本に比べると、かなり暖かい!

[台湾桃園国際空港にて]
a0101716_1162734.jpg

空港からホテルまでの送迎バスは、途中、茶芸館に寄ってくれた。
さすがお茶どころの台湾、どのお茶も美味しい!

[茗軒茶芸館]
a0101716_1193782.jpg

a0101716_1195123.jpg
a0101716_1195833.jpg
a0101716_1110553.jpg
a0101716_1110115.jpg

(凍頂烏龍茶)
a0101716_11115233.jpg

a0101716_11102988.jpg

(東方美人茶)
a0101716_11103646.jpg

(普洱茶)
a0101716_11104349.jpg

その後、ホテルに到着し、チェックイン。

[ホテルのロビーにて]
a0101716_1115971.jpg

[ホテルの部屋からの眺め]
a0101716_1115164.jpg

荷物を置いたら、早速、お出掛け。
まずは、ホテルから近い“龍山寺”へ向かった。
途中、春節(旧正月)飾りを売る店を発見。
赤い飾りが賑やか!

[春節飾りの店]
a0101716_11183365.jpg
a0101716_11184080.jpg

歩いていくと、古い街並みがあった。
“剥皮寮”と呼ばれる地区で、清朝時代、淡水河を行き来し、材木が
取引されていた頃、この辺りで木の皮を剥ぐ作業をしていたそうで
ある。

[剥皮寮]
a0101716_11241937.jpg
a0101716_11242851.jpg

“剥皮寮”の先に、“龍山寺”があった。
“龍山寺”は、1738年創建の台北で最も古いお寺。
ちょうど礼拝の時間だったようで、たくさんの人々が寺に訪れていて、
熱心にお経を読み、お参りしていた。

[龍山寺]
a0101716_11291168.jpg
a0101716_11291874.jpg
a0101716_11292692.jpg
a0101716_11293353.jpg
a0101716_11294439.jpg
a0101716_11295079.jpg
a0101716_112959100.jpg

ちょっと小腹が空いてきたところで、“龍山寺”名物の“胡椒餅”を
食べることにした。
近くに、「赤肉胡椒餅」という店があったので、買ってみた。
“胡椒餅”は、皮がパリッとしていて、中にはジューシーで胡椒の
効いた肉餡が入っていて、とっても美味しかった。

[胡椒餅]
a0101716_11385060.jpg

1個食べたら、お腹は満足!

(つづく)
[PR]
by yuzitj | 2012-01-05 00:00 | 旅行