<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

関宿

5月5日は、隣の市“亀山市”にある“関宿”へ。
帰国してから“関宿”はよく訪れているが、古民家が好きな私には
とても居心地が良い街である。

今回は、関の道の駅にて、レンタサイクルを借りてみた。
道の駅には、たくさんのツバメが飛び回っていた。

[関の道の駅]
a0101716_11465415.jpg
a0101716_1147116.jpg

関宿の“東の追分”から、サイクリングをスタート。

[東の追分]
a0101716_11474441.jpg
a0101716_11475187.jpg

気になるお店があると、自転車を停めて眺めたり、写真を撮ったり。

[関宿]
a0101716_1149961.jpg
a0101716_11491581.jpg
a0101716_1149206.jpg
a0101716_11493036.jpg
a0101716_1149371.jpg

途中、180年前は料亭だったという和洋レストラン“山石”にて昼食。
関宿弁当を注文したら、風呂敷に包まれて出て来た。
おかずが二重になっており、品数が多く、お腹いっぱいになった。

[“山石”と“関宿弁当”]
a0101716_11574457.jpg
a0101716_11574957.jpg
a0101716_11575823.jpg
a0101716_1158595.jpg
a0101716_11581271.jpg
a0101716_11581897.jpg
a0101716_11582466.jpg

昼食の後は、“旅籠玉屋歴史資料館”に入ってみた。

[旅籠玉屋歴史資料館]
a0101716_1291937.jpg
a0101716_1292911.jpg
a0101716_1294048.jpg
a0101716_1295255.jpg
a0101716_121002.jpg
a0101716_1210767.jpg
a0101716_12101760.jpg
a0101716_12102474.jpg
a0101716_12103771.jpg
a0101716_12104581.jpg
a0101716_1211541.jpg
a0101716_12111357.jpg
a0101716_12111926.jpg
a0101716_12112926.jpg

少し道を戻って、“旅籠玉屋歴史資料館”と共通チケットとなって
いる“関まちなみ資料館”も見学した。

[関まちなみ資料館]
a0101716_1215387.jpg
a0101716_1222277.jpg
a0101716_1223680.jpg
a0101716_1225078.jpg
a0101716_123116.jpg
a0101716_1232317.jpg
a0101716_1233019.jpg
a0101716_1234025.jpg
a0101716_1234846.jpg
a0101716_1235732.jpg
a0101716_124617.jpg
a0101716_1241489.jpg
a0101716_1242350.jpg
a0101716_1243070.jpg
a0101716_1243969.jpg

その後、関宿の“西の追分”までサイクリング。

[西の追分]
a0101716_12154561.jpg
a0101716_12155352.jpg
a0101716_1216287.jpg

道を戻り、今度は関ロッジ方面へサイクリング。

[関ロッジからの眺め]
a0101716_12171338.jpg

25℃を越える夏日で、坂道を上り下りしたら、汗をかいた。
関宿に戻り、以前にも行ったことのある“カフェ綾羽”へ。
冷たい“ナガヲ茶”を注文。
喉が渇いていて、“ナガヲ茶”を半分以上も飲んだところで、
写真撮りを忘れていたことに気付き、急いで撮った…(^^;)

[カフェ綾羽]
a0101716_12225771.jpg
a0101716_12231434.jpg
a0101716_12232035.jpg
a0101716_12232813.jpg
a0101716_12233679.jpg
a0101716_12234279.jpg

道の駅に自転車を返し、帰宅。
良い汗、かいた!
[PR]
by yuzitj | 2010-05-08 09:17 | 三重

京都・滋賀日帰り旅行(2)

午後は、京都から滋賀へ向かった。
まずは、草津の近鉄百貨店にて“クラブハリエ”のバームクーヘンを
購入。

暑さのせいか、とても喉が渇いていたので、“クラブハリエ”の
ティールームで一休みしようと思っていたのだが、満席の上、2組も
空きを待っていた。

そこで思い立って、一度行ってみたいと思っていた近江八幡にある
日牟禮ヴィレッジ ”へ行くことにした。
草津から、途中、琵琶湖畔の浜街道を走り、近江八幡へ。

“日牟禮ヴィレッジ”に到着したが、八幡堀を行き来している
水郷めぐりの船が気になってしまった。

[八幡堀]
a0101716_10202493.jpg
a0101716_10203139.jpg
a0101716_10203733.jpg
a0101716_10204410.jpg

そこで、まずは水郷めぐりの船に乗ってみることにした。
豊臣秀次が築いた八幡堀は、白壁の土蔵が建ち並び、情緒のある風景。
八幡堀を30分ほど遊覧。
川面は涼しい風が渡り、心地良かった。

遊覧の復路、女優の川原亜矢子さんが川岸でロケをしていた。
びっくり!

[水郷めぐり]
a0101716_10273589.jpg
a0101716_1027423.jpg
a0101716_10274823.jpg
a0101716_10275328.jpg
a0101716_10275891.jpg
a0101716_1028321.jpg
a0101716_1028859.jpg
a0101716_10281244.jpg
a0101716_10281821.jpg
a0101716_10282269.jpg
a0101716_10282876.jpg

船を下りてから、“日牟禮ヴィレッジ”の“クラブハリエ日牟禮館”に
ある“日牟禮カフェ”へ向かった。
途中、また川原亜矢子さんのロケ隊を発見。
川原亜矢子さん、細いし、キレイ!
何の番組かな?

[川原亜矢子]
a0101716_10372981.jpg
a0101716_10373773.jpg

ちょっとロケを見学してから、“クラブハリエ”日牟禮館へ。
店内は、バームクーヘンを買うお客さんでいっぱい!
草津で買っておいて良かった…(^^;)

“日牟禮カフェ”へ行くと、店員に
「入店は5時までです!」と、きっぱり断られた。
その時、まだ5時を1,2分過ぎたところだったのだが…。
厳しい…(--;)

[クラブハリエ日牟禮館]
a0101716_10574910.jpg
a0101716_10575693.jpg


仕方なく、向かいの“たねや”へ。
店頭で焼いていた“つぶら餅”を買ってみた。
食べ歩きにピッタリ。

[“たねや”と“つぶら餅”]
a0101716_1183993.jpg
a0101716_1184633.jpg


水郷めぐりの船から見えていたカフェ“蔵”に行ってみるが、ここも
5時まで…。
開いているカフェを求めて、八幡堀沿いを歩いた。

[八幡堀]
a0101716_11103180.jpg
a0101716_11104539.jpg

船の乗り場にあった“かわらミュージアム”に併設されている喫茶店
“瓦亭”にも行ってみたが、ここも閉店…。

[かわらミュージアム]
a0101716_11114073.jpg
a0101716_11115850.jpg

“かわらミュージアム”の向かいへ川を渡ると、“ライカフェ”という
カフェを発見!
気さくな店員さんが声をかけて下さり、入ることにした。
“ライカフェ”は、築100年以上の元畳問屋の喜多利邸(現在は、
“天籟宮”と呼ばれている)だった町家を再生したカフェ。

1階の景色も捨てがたかったが、2階の席へ。
下は八幡堀を見下ろし、上は八幡山が眺められる。
八幡山の山頂へ行くためのロープウェイも見える。
カフェを求め歩いて暑かったので、窓から入る風が気持ち良かった。
特等席のソファで、でっちようかんと抹茶のセットを頂いた。
私好みのカフェに出逢えて良かった(^^)

[ライカフェ]
a0101716_11121481.jpg
a0101716_11123163.jpg
a0101716_11124018.jpg
a0101716_11124815.jpg
a0101716_11125536.jpg
a0101716_1113225.jpg
a0101716_11131097.jpg

“ライカフェ”で一休みしてから、“日牟禮八幡宮”へ。
お参りしてから、帰ることにした。

国道1号線で帰る途中、土山町でよく寄ったことのある洋食屋さん
じゃがいも”で、夕飯を食べることにした。
目当てのビーフシチューは無かったが、ひき肉とマッシュポテトの
オーブン焼セット
を注文。
美味しかった!
食べるのに夢中で、写真を撮り忘れてしまった…(^^;)

帰りの国道1号線も渋滞知らずで、無事に帰宅。
GWなので、多少の渋滞は覚悟していたのだが…。

今回、初めて近江八幡を訪れてみたのだが、なかなか興味深い街で、
まだまだ見所がありそうだった。

近江八幡では、9月に“BIWAKOビエンナーレ”という国際芸術祭が
開催されるそうだ。
町家を使って街を挙げての芸術祭。
“ライカフェ”で、前回の様子をまとめた写真集を見せて貰ったが、
なかなか面白そうだった。
ビエンナーレの期間中に、また行ってみようと思う。
[PR]
by yuzitj | 2010-05-07 07:30 | 旅行

京都・滋賀日帰り旅行(1)

5月4日、京都国立博物館で開催中の長谷川等伯展を観るために、
京都へ出掛けた。
GW中ということもあり、第二名神高速は渋滞するかと思いきや、
朝早くに出掛けたのが良かったのか、スムーズに京都に到着。

博物館の開館まで時間があったので、お隣の三十三間堂をお参り
することにした。
8時の開門までに、まだ10分ほど時間があったが、もう観光客が
並んでいた。

8時になって、中へ入った。
南北に120mもある長い御堂の中には、計千体の千手観音像が
並んでいる。
御堂の中は撮影禁止。
もし写真を撮ることが出来ても、全ての観音像を一枚に収める
ことは出来ない・・・。
御堂でお参りした後、つつじや八重桜の咲く庭を散策した。

[三十三間堂]
a0101716_9224410.jpg
a0101716_9225061.jpg
a0101716_9225542.jpg
a0101716_923097.jpg
a0101716_923636.jpg
a0101716_9231222.jpg
a0101716_9231760.jpg
a0101716_9232336.jpg
a0101716_9234310.jpg
a0101716_9234847.jpg
a0101716_9235378.jpg
a0101716_9235820.jpg
a0101716_924428.jpg
a0101716_924882.jpg
a0101716_9241679.jpg

三十三間堂を後にし、博物館へ。
開館の1時間前だったが、既に博物館の駐車場は満車。
近くの駐車場を探して停めた。

[長谷川等伯展の看板]
a0101716_9323429.jpg

博物館に着くと、入り口から長蛇の列。
朝早いうちは薄曇りで涼しかったが、天気が良くなってきて暑い!
並んで待つ人たちのために、日傘の貸し出しも行っていた。
最後尾に並ぶと“30分待ち”と書かれていた。
まだ開館もしていないのに…(--;)
結局、予定より早く開館したが、入るまでに1時間近く並んだ。

等伯の作品は、どれも素敵だった。
でも、絵画の展覧会とは思えない賑やかさ(!?)には閉口した。
GW中なので、ある程度は仕方ないと覚悟はしていたのだが…。
特に、水墨画の最高峰と言われる国宝「松林図屏風」は、幽玄な
世界を表していてるので、静かな環境で鑑賞したかったのだが、
関西弁おばちゃんが大きな声で解説し始めたのには参った…(^^;)

博物館を出ると、まだまだ長蛇の列が続いていた。
後ろの方だと、館内がもっと混雑したに違いない。
まだマシな方だったのかな?

[京都国立博物館]
a0101716_944036.jpg
a0101716_944793.jpg

その後、バスに乗って京都駅へ。
伊勢丹11Fにある“和久傳”にて、早めの昼食を…と思って向かったが、
11時に店に到着すると、もう既にお客さんが並んでいた。

何組目かで、やっと店内へ。
店内でもしばらく待ってから、やっと席に通された。
京都市内が眺められる窓際の席が良かったのだが、なかなか空かない
ため、カウンター席へ。

人気の限定食コース“支子(くちなし)”が、ギリギリ間に合ったので、
注文した。
鯛の味噌茶漬け、デザートの冷やし白ぜんざいが美味しかった!

食後、伊勢丹地下1Fにて、以前から食べてみたかった“和久傳”の
お菓子“西湖”を購入した。

[和久傳]
a0101716_9554836.jpg
a0101716_9555929.jpg
a0101716_956580.jpg
a0101716_9561263.jpg
a0101716_9561916.jpg
a0101716_9562560.jpg
a0101716_9563654.jpg
a0101716_9564394.jpg

午前中、京都を楽しんだ後、午後からは滋賀へ。

(つづく)
[PR]
by yuzitj | 2010-05-06 10:06 | 旅行