<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

京都旅行(4)

詩仙堂を散策した後、すぐ隣にある八大神社へ。
この神社は、吉川英治の小説「宮本武蔵」の中で武蔵が一乗寺下り松
の決闘の前に立ち寄ったとされてから、広く知られるようになった。
本殿の横には、初代の“下り松”が奉られ、すぐ近くには宮本武蔵の像
がある。

[八大神社]
a0101716_10255636.jpg
a0101716_1026489.jpg
a0101716_1026141.jpg
a0101716_10262455.jpg
a0101716_10263734.jpg

八大神社を詣った後、歩いて曼殊院門跡まで行ってみた。
曼殊院は、延暦年間、最澄が比叡山に建立したが、明暦2年に現在の
場所に移転した。
数寄屋造の大書院から枯山水庭園が眺められる。

[曼殊院門跡]
a0101716_10342228.jpg
a0101716_10343480.jpg
a0101716_10344568.jpg
a0101716_10345536.jpg
a0101716_1035427.jpg
a0101716_10351281.jpg
a0101716_10351875.jpg
a0101716_10352666.jpg
a0101716_10353413.jpg
a0101716_10354013.jpg
a0101716_1035496.jpg
a0101716_10355659.jpg
a0101716_103646.jpg
a0101716_10361177.jpg
a0101716_10361866.jpg
a0101716_1036261.jpg
a0101716_10363383.jpg
a0101716_10364156.jpg
a0101716_1036498.jpg
a0101716_10365711.jpg

曼殊院門跡から、歩いて詩仙堂方面へ戻った。
和菓子の“一乗寺中谷”にて、名物という“でっち羊かん”を購入。
その後、帰途についた。

[一乗寺中谷]
a0101716_1047185.jpg

家に戻ってから、福寿園のほうじ茶を淹れて、“でっち羊かん”を頂いた。
“でっち羊かん”は、米粉のもちっとした食感で、甘さは控えめ、
かなり私好みの味。

[福寿園のほうじ茶と“でっち羊かん”]
a0101716_10465826.jpg

紅葉が見頃の今の時期、京都は平日でも観光客が多い。
渋滞は分かっていても、どうしても行きたくなってしまう・・・。
また来年も行ってしまうんだろうなぁ・・・(^^;)
[PR]
by yuzitj | 2009-11-30 08:21 | 旅行

京都旅行(3)

ゆっくりと昼食をとった後、車に乗って、詩仙堂へ。
詩仙堂は、江戸初期に漢詩人・石川丈山が造営、隠棲した山荘跡。
石川丈山は作庭の名人で、この詩仙堂の庭に“鹿おどし”を初めて
採り入れた。

四方の壁に狩野探幽が描いた“中国三十六詩仙像”が掲げられた
“詩仙の間”を抜けると、庭が見えてきた。
“嘯月楼”からの庭の眺めも素敵だが、山の斜面や谷間を利用して
作られた庭を眺めながら歩くのも良かった。

[詩仙堂]
a0101716_1044989.jpg
a0101716_105730.jpg
a0101716_1051874.jpg
a0101716_1052943.jpg
a0101716_1054074.jpg
a0101716_1055124.jpg
a0101716_106170.jpg
a0101716_1061219.jpg
a0101716_1062244.jpg
a0101716_1063179.jpg
a0101716_106425.jpg
a0101716_1065621.jpg
a0101716_107658.jpg
a0101716_1071513.jpg
a0101716_1072328.jpg
a0101716_1073257.jpg
a0101716_1074572.jpg
a0101716_107564.jpg
a0101716_108711.jpg
a0101716_1082190.jpg
a0101716_1083050.jpg
a0101716_1083758.jpg
a0101716_1084941.jpg
a0101716_1085895.jpg
a0101716_1091249.jpg
a0101716_1092393.jpg
a0101716_1093374.jpg
a0101716_1094290.jpg
a0101716_1095930.jpg

(つづく)
[PR]
by yuzitj | 2009-11-29 09:51 | 旅行

京都旅行(2)

26日、朝風呂の後、三条へ。
“進々堂”の三条店にて、モーニング。
“進々堂”といえば、京都の老舗ベーカリーショップ。
パンがたくさん並んでいるのを期待して行ってみたのだが、三条店は
パンも少なく、小さな喫茶店という感じ。
同じ名前だが、違う系列なのかな?

[進々堂 三条店、モーニング]
a0101716_928564.jpg
a0101716_929420.jpg

その後、創業300余年の俵屋旅館で使われているアメニティ・グッズ
やオリジナル・グッズを取り扱う“ギャラリー遊形”へ。
以前、俵屋旅館の石鹸“サヴォン・ド・タワラヤ”を頂いたことがある
のだが、この石鹸、とても良い香り!
頂いた分は既に使い切ってしまったので、新たに買い足しに行ったの
である。
“ギャラリー遊形”には、石鹸の他にも、素敵なグッズがいっぱい。
いつか俵屋旅館にも泊まってみたいなぁ・・・。

[ギャラリー遊形、サヴォン・ド・タワラヤ]
a0101716_9493115.jpg
a0101716_9493854.jpg

石鹸を買ってから、“錦市場”へ向かった。
京野菜や漬物のお店、京雑貨のお店、お茶のお店などを覗きながら、
市場の活気を味わった。

[錦市場]
a0101716_9544111.jpg
a0101716_9545477.jpg
a0101716_955432.jpg

ちょうどお昼になったので、ランチに行くことにした。
入ったのは、古い町屋を使った“菜根譚”というお店。
京野菜を使った中華料理のお店である。
店内は改装されておらず、町屋そのものの造りを活かしてあった。

注文したのは、ランチのコース。
京野菜を使いながらも、味はしっかり中華。
とても美味しく、お腹いっぱいになった。

[菜根譚、ランチ・コース]
a0101716_102401.jpg
a0101716_1025810.jpg
a0101716_103726.jpg
a0101716_1032010.jpg
a0101716_1033268.jpg
a0101716_1034477.jpg
a0101716_1035456.jpg
a0101716_1041815.jpg
a0101716_1042789.jpg
a0101716_1043984.jpg
a0101716_104476.jpg
a0101716_1045432.jpg
a0101716_1053100.jpg

(つづく)
[PR]
by yuzitj | 2009-11-28 10:05 | 旅行

京都旅行(1)

平日の京都へ旅行。
いつもは日帰りだが、ライトアップの紅葉をゆっくり楽しむため、一泊
することにした。

25日の夕方から出掛け、まずは八坂神社へ。
朱塗りの楼門がライトアップされ、鮮やか。

[八坂神社]
a0101716_8502381.jpg
a0101716_8502854.jpg
a0101716_8503463.jpg
a0101716_8504280.jpg

八坂神社を抜けて、石塀小路へ。
旅館や料亭が並ぶ、素敵な道。
でも、観光客が多過ぎて、なかなか良い写真が撮れず・・・。

石塀小路を抜けると、高台寺に辿り着く。
高台寺は、豊臣秀吉を弔うために、“ねね”が建立した寺である。
庭園は、小堀遠州の作。

紅葉の時期、高台寺の境内は、ライトアップされている。
この日は平日にも関わらず、多くの観光客が訪れていた。
境内の紅葉は、今が見頃。
どこも綺麗だったが、池に映る紅葉は、特に素晴らしかった。

[高台寺]
a0101716_921130.jpg
a0101716_921793.jpg
a0101716_922539.jpg
a0101716_923280.jpg

a0101716_9122076.jpg
a0101716_9122659.jpg
a0101716_9123360.jpg
a0101716_9123872.jpg
a0101716_912445.jpg
a0101716_9124948.jpg
a0101716_9125460.jpg
a0101716_913131.jpg
a0101716_91376.jpg
a0101716_91313100.jpg
a0101716_9132261.jpg
a0101716_9132862.jpg
a0101716_9133475.jpg
a0101716_9134196.jpg
a0101716_9134861.jpg
a0101716_9135417.jpg
a0101716_914240.jpg
a0101716_914947.jpg
a0101716_9141693.jpg
a0101716_9142314.jpg
a0101716_9143191.jpg
a0101716_9144027.jpg
a0101716_915214.jpg
a0101716_915116.jpg
a0101716_9152458.jpg
a0101716_915348.jpg
a0101716_9154218.jpg
a0101716_9155438.jpg
a0101716_9161739.jpg
a0101716_9162884.jpg
a0101716_9164484.jpg

高台寺のライトアップを楽しんだ後、高台寺前の“ねねの道”を歩く。

[ねねの道]
a0101716_922370.jpg
a0101716_9221559.jpg

夕飯は、“ねねの道”沿いにある“高台寺茶寮”にて、“鴨とうふ会席”を
食べた。

[高台寺茶寮、鴨とうふ会席]
a0101716_9233682.jpg
a0101716_923528.jpg
a0101716_924428.jpg
a0101716_9241743.jpg
a0101716_9242589.jpg

a0101716_9244911.jpg
a0101716_924561.jpg
a0101716_925371.jpg
a0101716_9251036.jpg
a0101716_9252213.jpg
a0101716_9253117.jpg

食後は、四条通りを歩いて、先斗町へ。
ちょっと軽く一杯・・・と思って、適当な店を探すが、お店があり過ぎて、
悩んでしまった。

[先斗町]
a0101716_9311355.jpg
a0101716_9312746.jpg

泊まったホテルは、五条駅に近い“アランヴェールホテル京都”。
このホテルは、最上階(13階)に展望大浴場があり、京都の街が一望
出来る。
ホテルに着いてから、早速、大浴場へ。
女風呂からは、ライトアップされた京都タワーも見え、なかなかの景色。
朝の景色も見たかったので、早起きして、朝風呂にも入った。
天気も良く、良い気分!

(つづく)
[PR]
by yuzitj | 2009-11-27 09:40 | 旅行

伊勢志摩旅行(2)

英虞湾をよく見渡したくて、横山展望台へ。
割と細い山道を車で上がっていくと、展望台の駐車場に到着。
目の前の階段を上がると、見晴台があった。
少し霞んではいたが、天気が良かったので、英虞湾が一望出来た。

一帯が公園のようになっていて、山道を歩いていくと、あちこちに
展望台があった。
景色の良い散歩コースである。

[横山展望台]
a0101716_8343622.jpg
a0101716_8344139.jpg
a0101716_8344748.jpg
a0101716_8345530.jpg

横山展望台での散歩を楽しんだ後、伊勢神宮へ向かった。
内宮の宇治橋に向かって五十鈴川に沿って続く“おはらい町”で、
昼食をとることにした。

入ったのは、“伊勢うどん”のお店。
“伊勢うどん”は、極太の麺。
それに、黒くて濃厚なタレを絡めて食べる。

[伊勢うどんの店]
a0101716_842257.jpg
a0101716_842920.jpg
a0101716_8421688.jpg
a0101716_8422283.jpg

昼食後、“おはらい町”を散策。

[おはらい町]
a0101716_842534.jpg

おかげ横丁”に入り、“豚捨”のコロッケを並んで買った。

[おかげ横丁]
a0101716_850729.jpg

[豚捨のお店、コロッケ]
a0101716_848589.jpg
a0101716_848107.jpg

ちょうど、“おかげ横丁”の中心にある櫓で、太鼓の演奏が始まった
ので、コロッケを食べながら、神恩太鼓の演奏を聴いた。
息がぴったりの力強い演奏は、とてもカッコ良かった。

[神恩太鼓]
a0101716_8494234.jpg

その後、また“おはらい町”で、色々なお店を見ながら、宇治橋へ
向かった。

[おはらい町]
a0101716_851470.jpg

内宮への入り口となる宇治橋。
20年に一度の神宮式年遷宮のため、今年、宇治橋も架け替えられた。
渡始式は、11月3日だった。
鳥居前で拝礼してから、新しい宇治橋を渡った。

[宇治橋]
a0101716_8562070.jpg
a0101716_8563055.jpg
a0101716_8564136.jpg
a0101716_8564955.jpg
a0101716_8565888.jpg

久しぶりの伊勢神宮。
お正月のおしくらまんじゅう状態の時は、周りの景色を観る余裕は
ないが、この日は、神聖な気分で、神宮内の景色をゆっくり鑑賞する
ことが出来た。

新穀感謝祭(新嘗祭)の日だったため、新穀を奉納するのか、箱を
担いだ神主さん達に、何度も遭遇した。

[内宮]
a0101716_965190.jpg
a0101716_965898.jpg
a0101716_97594.jpg
a0101716_97118.jpg
a0101716_971828.jpg
a0101716_972656.jpg
a0101716_97338.jpg
a0101716_974085.jpg
a0101716_97492.jpg
a0101716_975819.jpg
a0101716_98533.jpg
a0101716_981285.jpg
a0101716_982918.jpg
a0101716_983550.jpg

内宮参拝後、“おはらい町”にある“五十鈴茶屋”で、一休み。
五十鈴川を眺めながら、ぜんざいを頂いた。

[五十鈴茶屋]
a0101716_995841.jpg
a0101716_910580.jpg
a0101716_9101542.jpg

“五十鈴茶屋”を出て、“おかげ横丁”へ行ってみると、また太鼓の
演奏が始まった。
演奏者が代わっていたが、やはりカッコ良い!

[神恩太鼓]
a0101716_9121015.jpg
a0101716_9121730.jpg

“おはらい町”で、あれこれお土産を買って、帰宅の途へ。
伊勢神宮で、こんなにゆっくりと過ごしたのは初めて。
伊勢神宮はパワースポットであるから気を養えるし、“おはらい町”、
“おかげ横丁”には色んなお店があって楽しいし、お正月以外の時でも、
もっと訪れてみようと思った。
[PR]
by yuzitj | 2009-11-25 09:16 | 三重

伊勢志摩旅行(1)

11月22日・23日は、伊勢志摩へ旅行。
志摩には祖母の家があり、今まで観光気分で訪れたことがなかった。
今回、初めて志摩のホテルに泊まった。

22日の昼から、志摩市浜島町へ向かった。
浜島にもうすぐ到着という所(度会郡南伊勢町)で、地元のお祭りに
遭遇した。

お祭りのイベントは既に終了した様子だったが、会場には最後の
“菓子まき”のために大勢の人が残っていた。
この辺りの風習で、お祝い事には“菓子まき”がつきものなのだが、
私も参加するのは久しぶり。

トラックの荷台からスタッフがお菓子をまくと、皆、一斉に手を伸ばす。
なかなかキャッチできないなぁ・・・と思っていたが、終わってみると、
両手いっぱいの駄菓子をゲットすることが出来た。

[“菓子まき”の駄菓子]
a0101716_8464123.jpg

“菓子まき”が終わった後、ホテルに向かった。
泊まったのは、浜島町にある“夕雅”。
“日本の夕陽百選”に選ばれている新浜島温泉の海辺に佇むホテル
である。

“夕雅”では、温泉と客室(全室オーシャンビュー)から夕陽が眺め
られるはずなのだが、生憎、この日は小雨が降っていて、夕陽を
見ることは出来なかった・・・。

[客室からの眺め]
a0101716_8501240.jpg

a0101716_8502436.jpg

浜島町は“伊勢えび王国”。
客室には、“伊勢えびせんべい”が置かれていた。

[伊勢えびせんべい]
a0101716_85417100.jpg

部屋でゆっくり寛いだ後、温泉へ。
残念ながら夕陽は眺められなかったが、海を眺めながらの露天風呂
は、とても気持ちが良かった。
ついつい長風呂になり、湯中りしそうになってしまった・・・(^^;)

温泉の後の楽しみは、伊勢えびの刺身など、海の幸がいっぱいの
夕食。
ボジョレーがあるということだったので、ワインを飲みながら、夕食を
楽しんだ。

[“夕雅”の夕食]
a0101716_913216.jpg
a0101716_913874.jpg
a0101716_914426.jpg
a0101716_91508.jpg
a0101716_915650.jpg
a0101716_92179.jpg
a0101716_92713.jpg
a0101716_921378.jpg
a0101716_921948.jpg

上記写真の料理の他、松茸ご飯やデザートも。
お腹いっぱいで、大満足!

温泉効果で、夜もぐっすり眠れた。
朝起きると、夜に降っていた雨は上がって、良い天気。
天気の良い朝の露天風呂は、格別!
海から涼しい風がわたり、とても心地良かった。

[部屋からの眺め]
a0101716_917283.jpg
a0101716_9173315.jpg

朝ご飯を食べ、チェックアウトをして、出掛けることにした。

[夕雅]
a0101716_9225614.jpg

ホテルの近くには、“伊勢えび王国”らしく、王様のモニュメント。

[王様のモニュメント]
a0101716_9222761.jpg

その後、浜島町の守り神“鼻かけえびす”を観に出掛けた。
“恵比寿神社”にまつられている“えびす様”は、大漁と海上安全の
神様。
鼻が欠けているのは、“八の先を制す”(いち早く良い漁場に着く)と
いう意味を込めて、鼻を削ってお守りにする人がいるからだとか・・・。
削られた鼻がちょっと痛々しい・・・。

[恵比寿神社と“鼻かけえびす”]
a0101716_9312247.jpg
a0101716_9313145.jpg
a0101716_9314194.jpg
a0101716_9315973.jpg

神社を参った後、リアス式の入り組んだ英虞湾を眺めながら、
海沿いをドライブ。
途中、また伊勢えびのモニュメント。

[伊勢えびのモニュメント]
a0101716_9403734.jpg


[英虞湾の景色]
a0101716_9334320.jpg

(つづく)
[PR]
by yuzitj | 2009-11-24 09:34 | 三重

ボジョレー・ヌーヴォー2008

昨日は、ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日。
今年のボジョレーは、50年に一度の当たり年だそうだ。

今年買ったのは、“アルベール・ビショー ボジョレー・ヴィラージュ・
ヌーヴォー 「神の雫」ラベル”のハーフサイズ。
ワイン漫画「神の雫」のオキモト・シュウがラベルを描いている。

[アルベール・ビショー ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー]
a0101716_926153.jpg

毎年、“ジョルジュ・デュブッフ”を買うのだが、「神の雫」のドラマが
面白かったので、ミーハーかな?と思いつつも、こちらを手に取って
しまった・・・(^^;)

[肩ラベル]
a0101716_92759100.jpg

夕飯後、チーズを肴に、ゆっくり飲んでみた。
毎年買っている“ジョルジュ・デュブッフ”のよりも、少しボディが
しっかり目。
お酒に強くない私は、ボジョレーの軽い飲み口が好きなのだが、
これはちょっと重く感じた。
でも、飲み進んでいくうちに、重さが気にならなくなり、「美味しい!」と
感じてくるようになった。

[グラスに注いだところ]
a0101716_9411152.jpg

今年は、他のも買ってみようと思ったので、ハーフサイズを選んだ。
次は、どれを買ってこようかな?
[PR]
by yuzitj | 2009-11-20 09:42 | 鈴鹿