<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

街並みあかりアート展

昨夜は、鈴鹿市白子で開催された“街並みあかりアート展”へ。
伊勢参宮道の街道沿いに、伊勢型紙や和紙、陶器、その他色々な
素材で作られた『灯り』が展示されていた。

[街並みあかりアート展]
a0101716_8595788.jpg
a0101716_90761.jpg
a0101716_901438.jpg
a0101716_902029.jpg
a0101716_902511.jpg
a0101716_903442.jpg
a0101716_904421.jpg
a0101716_90504.jpg
a0101716_905585.jpg
a0101716_911100.jpg
a0101716_91617.jpg
a0101716_911163.jpg
a0101716_911841.jpg
a0101716_912291.jpg
a0101716_912844.jpg
a0101716_913578.jpg

色々な『灯り』があったが、和紙を通しての灯りは、優しくて暖かみが
あり、心を和ませる灯りだなぁ・・・と感じた。
伊勢型紙の作品も素敵だった。

でも、作品の並べ方だろうか?
思ったより作品が少なく感じてしまったのが残念・・・。

“あかりアート展”の街道を進んでいくと、屋台が見えてきた。
行ってみると、すごい人だかり。
昨夜は、その地区のお祭りだったようだ。

[お祭りの屋台]
a0101716_991338.jpg

お祭りに合わせて、“あかりアート展”も催されたのだろう。
でも、お祭りの方の人出がすごくて、“街並みあかりアート展”の方は
人出も少なく、ちょっと寂しい感じ・・・。

この“街並みあかりアート展”、まだ二回目だそうだ。
これから、知名度が上がって、街道いっぱいに作品が並ぶようになる
といいのだが・・・。
[PR]
by yuzitj | 2009-08-25 09:17 | 鈴鹿

関宿納涼花火大会

昨夜、隣の亀山市で開催された“関宿納涼花火大会”へ行ってきた。
今年は何かと忙しく、花火大会に行く機会がなかなか無かったので、
今回が今年初めての花火大会だった。

[関宿納涼花火大会]
a0101716_9505193.jpg
a0101716_9505850.jpg
a0101716_951354.jpg
a0101716_951976.jpg
a0101716_9511575.jpg
a0101716_951201.jpg
a0101716_9512524.jpg
a0101716_9513042.jpg
a0101716_9513631.jpg
a0101716_9514085.jpg
a0101716_9514725.jpg
a0101716_9515276.jpg
a0101716_9515789.jpg
a0101716_952225.jpg
a0101716_952780.jpg
a0101716_9521634.jpg
a0101716_9522290.jpg
a0101716_9522891.jpg
a0101716_9523974.jpg
a0101716_9524733.jpg
a0101716_9525858.jpg
a0101716_953575.jpg
a0101716_9531116.jpg
a0101716_9531819.jpg
a0101716_9532589.jpg
a0101716_9533672.jpg
a0101716_9534373.jpg

a0101716_9535866.jpg
a0101716_95457.jpg
a0101716_9541391.jpg
a0101716_9542282.jpg
a0101716_9542985.jpg
a0101716_9543673.jpg
a0101716_9544453.jpg
a0101716_9545250.jpg
a0101716_9545874.jpg
a0101716_955476.jpg
a0101716_9551183.jpg
a0101716_9551810.jpg
a0101716_9552557.jpg
a0101716_95531100.jpg

“関宿納涼花火大会”は、全部で2000発。
大規模な花火大会より、花火の量は少ないけれど、観客も多く、
屋台もたくさん!
でも、思ったより近くで観ることが出来たので、とても迫力があって、
とても楽しめた(^^)
来年も行ってみたい!
[PR]
by yuzitj | 2009-08-23 09:57 | 三重

長良川鵜飼観覧(2)

金華山を下りた後、川原町へ。
川原町は、鵜飼観覧船のりばから西方向にある古い街並みで、
その昔、長良川の川港として、様々な商店が軒を連ね、賑わって
いたそうである。

[川原町]
a0101716_7593817.jpg

現在は、町屋を生かしたレトロモダンな店もある。
そんなお店のひとつ、カフェ“川原町屋”に入ることにした。
入り口には、レトロな赤ポスト。
屋根に載っているガス燈には、中国の年画のような絵が描かれて
いた。

中に入ると、和雑貨が並べられており、ついつい見入ってしまった。
建物は京都の町屋と同じく、間口は狭いが、奥へと長い造りになって
いる。
通されたのは、敷地奥にある蔵を改造した建物。
ピアノが置いてあり、ライブもあるようだ。
一階は天井が高く、二階はソファが置いてあり、落ち着く空間。
鵜飼の時間まで、ゆっくり過ごした。

[川原町屋]
a0101716_865724.jpg
a0101716_87712.jpg
a0101716_871578.jpg
a0101716_873040.jpg
a0101716_87407.jpg
a0101716_874888.jpg
a0101716_875722.jpg
a0101716_88616.jpg

鵜飼の時間になったので、乗船場へ向かった。
待合い所で、お弁当・お茶を貰って、船着き場へ。

[乗船場]
a0101716_8111042.jpg
a0101716_8112085.jpg

まずは、鵜匠による説明。
見覚えのある顔と声だなぁ…と思ったら、昼食を食べた“鵜の庵 鵜”
で、鵜飼の話をしてくれた鵜匠さんだった。

[鵜匠さんによる説明]
a0101716_8114319.jpg
a0101716_8115752.jpg
a0101716_812611.jpg

説明が終わると、いよいよ鵜飼観覧船に乗船。
少しだけ上流へ行き、停泊。
停泊中に、鮎の塩焼きや甘露煮などが入ったお弁当を食べた。

[お弁当]
a0101716_8183351.jpg

鵜飼が始まるまで時間があるので、観覧船の横を踊りの船が通って
楽しませてくれる。
曲は、長良川や岐阜に関する演歌。
“長良川艶歌”は、その場にぴったりの曲!
流行っていた当時は曲の良さが分からなかったが、素敵な曲だなぁ…
と思った。

[踊りの船]
a0101716_8185948.jpg

a0101716_8191653.jpg

食事中、観覧船の船頭さんから、「今夜は雨で川が増水したため、
“狩り下り”(鵜飼船と観覧船が併走)が出来ないので、“見せ鵜飼”
(鵜飼船だけが動き、観覧船は停泊して観覧)になる」との説明が
あった。
“狩り下り”の方が近くで観ることが出来るようなので、“見せ鵜飼”
と聞いて、ちょっと残念に思った。

鵜飼開始の花火が上がり、篝火を焚いた鵜飼船が見えてきた。
しばし、幽玄の世界を楽しんだ。
(望遠の上、暗いため、写真が上手く撮れなくて残念…。)

[鵜飼]
a0101716_8552584.jpg
a0101716_8553214.jpg
a0101716_855409.jpg
a0101716_8554826.jpg
a0101716_8555683.jpg
a0101716_856451.jpg
a0101716_8561451.jpg

最後は、鵜飼船6雙が一斉に鮎を浅瀬に追い込む“総がらみ”。

[総がらみ]
a0101716_8562371.jpg
a0101716_85630100.jpg
a0101716_8563626.jpg
a0101716_8564324.jpg

“総がらみ”が終わり、船着き場へと戻った。
船からは、金華山とライトアップされた岐阜城が見えた。

[金華山、岐阜城、船着き場]
a0101716_8565480.jpg
a0101716_857173.jpg

a0101716_83815.jpg

下船した後、川原町を歩く。
夜の川原町も、なかなか良い雰囲気。
昼間、カフェにしか寄れなかったので、今度は他の伝統工芸品の
店なども見て歩きたいと思った。

[夜の川原町]
a0101716_8462894.jpg

今回の鵜飼は“見せ鵜飼”で、“狩り下り”を観ることが出来なかった
ので、次回は天気の良い時を狙って行きたい。

『おもしろうて やがてかなしき 鵜飼かな』(芭蕉)
[PR]
by yuzitj | 2009-08-09 06:00 | 旅行

長良川鵜飼観覧(1)

8月6日、鵜飼を観覧するために、岐阜市の長良川へ行ってきた。
昼頃、岐阜市に到着。
まずは、鵜匠の経営する鮎料理のお店“鵜の庵 鵜”で昼食。
駐車場には、鵜飼の篝火に使う薪が積み上げられていた。

[鵜の庵 鵜]
a0101716_17233128.jpg
a0101716_17233812.jpg

店に入ると、中庭には、鵜の小屋が見えた。

[鵜の小屋]
a0101716_17261114.jpg

鵜を眺めながら、鵜が獲ってくれた鮎を食べた。
新鮮なためか、川魚の臭みは一切なく、とても美味!
途中、鵜匠の方が、鵜飼についてのお話を聴かせてくれた。
夜の鵜飼がとても楽しみとなった。

[鮎料理]
(鮎の甘露煮)
a0101716_17272664.jpg

(鮎の唐揚げ)
a0101716_17273974.jpg

(鮎の塩焼き)
a0101716_17274960.jpg

(鮎ぞうすい)
a0101716_1728042.jpg

食後、雨が降っていたが、中庭の鵜の小屋を見学。

[中庭の様子]
a0101716_17323635.jpg
a0101716_17324293.jpg
a0101716_17324837.jpg
a0101716_17325450.jpg
a0101716_1733551.jpg
a0101716_17331283.jpg

鵜飼まで時間があったので、鵜飼船の造船所を見学しようと思って
いたのだが、門が閉まっていて、中に入れず・・・。

造船所は金華山の麓にあり、その辺りは岐阜公園となっている。
岐阜公園の一角に、中国風な庭園があった。
“日中友好庭園”という名らしい。
岐阜市と杭州市の友好都市提携10周年を記念して作られた庭園
なのだそうだ。
杭州の西湖を模して作られた池で、石の灯籠“三譚印月”もちゃんと
造られていた。

[日中友好庭園]
a0101716_738199.jpg

a0101716_7381123.jpg
a0101716_7382013.jpg

それから、ロープウェイに乗って、金華山頂上へ。

[金華山ロープウェイ]
a0101716_7391915.jpg

金華山頂上には、織田信長ゆかりの城である岐阜城がある。
岐阜城内にある資料を見学しながら、最上階へ。
展望台から、岐阜市を眺めた。

[岐阜城]
a0101716_7422431.jpg

a0101716_7423985.jpg
a0101716_74248100.jpg
a0101716_7425760.jpg

岐阜城を見学した後、ロープウェイ乗り場近くにあるリス村へ。
手袋を付け、係員に餌を載せてもらうと、我先にとリス達が寄って
きた。
こんな間近で、リスを見るのは初めて。
可愛い!

[リス村]
a0101716_747571.jpg
a0101716_7471456.jpg
a0101716_7472486.jpg
a0101716_747325.jpg
a0101716_7474830.jpg

(つづく)
[PR]
by yuzitj | 2009-08-07 17:35 | 旅行

映画「アマルフィ 女神の報酬」

a0101716_7334676.jpg

(C)2009 フジテレビジョン

映画「アマルフィ 女神の報酬」
監督:西谷弘
原作:真保裕一
出演:織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、福山雅治 他
公開:2009年7月18日
公式サイト

色々な映画を観に行った時に流れていてた予告の時から気になって
いた映画。
昨日、観に行ってみた。
昨日は1日で映画の日でもあったし、夏休みでもあるので、観客が
多くてビックリ!

公開中なので映画の詳しい内容は控えるが、観終えた後、「観て
良かった~!」と思える映画だった。

やはり、イタリアの風景が素晴らしい!
イタリアは、私がヨーロッパで唯一行ったことのある国。
しかも、映画の撮影時期が、行った時と同じく12月の終わりだった
ので、クリスマスの電飾など、街の景色が、とても懐かしく感じた。
当時、アマルフィには行かなかったが、カプリ島の景色などが思い
出された。

織田裕二、天海祐希、佐藤浩市など、私の好きな俳優陣だった
ことも良かった。
(そういえば映画「ホワイトアウト」も原作が真保裕一で、織田裕二、
佐藤浩市が出演だった。)

この映画ほど豪華なものは作れないかもしれないが、これからも、
黒田外交官を主人公とした映画かドラマを作って欲しい!と思った。
実現するといいなぁ!
[PR]
by yuzitj | 2009-08-02 07:46 | 映画