<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

スキー“ホワイトピアたかす”

昨日は、岐阜県郡上市にある“ホワイトピア高鷲”に行って、スキーを
楽しんだ。
平日だったので、スキー場は割と空いていた。
リフトもレストランも、行列は無し。
若い時なら、ガンガンに滑っていただろうが、近頃は体力が無くなって
きて、数本滑っただけで、すぐに疲れてしまった・・・(--;)

この日は朝から曇りがちな天気だったのだが、昼過ぎからだんだん
晴れてきて、3時ぐらいには雲一つ無い真っ青な空!
パノラマ・コースをのんびり滑って景色を楽しんだ。
今回、空いていたのに、疲れてしまって余り滑れなかったのが残念!

[ホワイトピア高鷲]
a0101716_9521167.jpg
a0101716_9521762.jpg
a0101716_9522868.jpg
a0101716_9523291.jpg
a0101716_9523836.jpg
a0101716_9524690.jpg
a0101716_9525081.jpg
a0101716_9525771.jpg

[PR]
by yuzitj | 2009-02-27 09:58 | 旅行

鳥羽観光(2)

鳥羽グランドホテル温泉で、日帰り入浴。
大浴場・露天風呂からは、鳥羽湾が見渡せる。

[鳥羽グランドホテル]
a0101716_1173213.jpg

[露天風呂]
a0101716_1111464.jpg

a0101716_11111969.jpg

風呂上がりは、5階のラウンジから、鳥羽湾の名勝“三ツ島”や、養殖筏を
眺めながら、一休み。

[鳥羽湾の眺め]
a0101716_11132946.jpg

a0101716_11134090.jpg

a0101716_11135432.jpg

ラウンジには、お雛様が飾ってあり、華やかな雰囲気。

[雛飾り]
a0101716_1115839.jpg

ホテルを出る頃は、すっかり夕方だったが、久しぶりに二見浦の夫婦岩を
拝みに行くことにした。
夫婦岩は、二見浦にある“二見興玉神社”内にある。
有名な観光地のためか、夕方にも関わらず、参拝客が絶えない。

[二見興玉神社]
a0101716_11242297.jpg

a0101716_11243324.jpg

a0101716_11272443.jpg

[夫婦岩]
a0101716_1126586.jpg

a0101716_11261554.jpg

a0101716_11262769.jpg

鳥羽には他にも“ミキモト真珠島”、“鳥羽水族館”、“二見シーパラダイス”
など、観光地が色々ある。
海の幸も美味しいし、またゆっくりと観光してみたい場所である。
[PR]
by yuzitj | 2009-02-25 08:19 | 三重

鳥羽観光(1)

“牡蠣の国まつり”で、牡蠣を堪能した後、鳥羽を観光することにした。
まずは、鳥羽展望台へ。
志摩半島の東海岸を走るパールロードにある鳥羽展望台は、箱田山頂の
標高179mの所にある。
展望台からは、太平洋を見渡すことが出来る。

[展望台からの眺め]
a0101716_1047171.jpg

a0101716_10473118.jpg

展望台には、鳥羽出身の歌手、鳥羽一郎・山川豊の「兄弟酒」の歌碑も。

[「兄弟酒」の歌碑]
a0101716_10483889.jpg

展望台で景色を楽しんだ後、“海の博物館”へ。
内藤廣氏によって設計された博物館は、建築誌で選ばれただけあって、
アートな空間を醸し出している。

[海の博物館]
a0101716_10585897.jpg

a0101716_10591162.jpg

でも、今回は博物館見学はせず、併設された“カフェあらみ”で一休み。
注文したのは、カフェオレと、あおさのシフォンケーキ。
シフォンケーキは、かすかに磯の香り。
この地域では、あおさは最近、ケーキやパンに使われている。
小さい頃から慣れ親しんでいる海草であるが、このように洋菓子に
使われるとは思ってもみなかった。
美味しいし、健康にも良いし、面白い試みであると思う。

[“カフェあらみ”]
a0101716_111056.jpg

[あおさのシフォンケーキ]
a0101716_1111864.jpg

その後、リアス式の海岸線を眺めながら、鳥羽市内へ。

[海岸線の景色]
a0101716_1154513.jpg

[麻生(おう)の浦大橋]
a0101716_1163363.jpg

(つづく)
[PR]
by yuzitj | 2009-02-24 07:59 | 三重

牡蠣の国まつり

2月21日は、鳥羽市浦村町へ。
この日、浦村の本浦漁港では“牡蠣の国まつり”が開催されていた。

[浦村町の看板]
a0101716_10493847.jpg

“牡蠣の国まつり”は、浦村で年に一度行われるお祭り。
牡蠣5万個が用意され、牡蠣の詰め放題があったり、焼き牡蠣・牡蠣飯・
牡蠣汁などが安く振る舞われる(牡蠣汁は無料)。

今年で10回目となるこのお祭りだが、行くのは初めて。
お祭りは11時~14時までとなっているが、毎年、早くに牡蠣が無くなって
しまうらしい。
当日、浦村への道は、かなりの渋滞・・・。
駐車場を探しているうちに、会場に到着したのは12時になってしまった。
牡蠣があるかどうか焦ったが、会場には、まだまだ人がいっぱいいて、
焼き牡蠣などの良い香りが漂っていた。

まず並んだのは、焼き牡蠣。
でも、なかなか進まない・・・。
並んでいる人の少ない列を探し、やっと食べることが出来た。
焼き牡蠣は、3個で100円。
身は小振りだが、美味しい!

[焼き牡蠣]
a0101716_10104066.jpg
a0101716_10105180.jpg

牡蠣詰め放題は500円。
皆、用意されている籠に山盛り詰めていく。
詰め放題は、かなり人が並んでいたのでパス・・・。

[牡蠣詰め放題]
a0101716_10124393.jpg
a0101716_1012501.jpg

会場内を歩いていると、食べたいと思っていた牡蠣飯が完売・・・。
牡蠣フライの列に並ぶ。

[会場の様子]
a0101716_10142877.jpg

[牡蠣飯完売の看板]
a0101716_10144731.jpg

しかし、牡蠣フライも人気で、並んでいる途中で完売となってしまった・・・。
次は、牡蠣のじゃんじゃん焼きに並ぶ。
これは、何とか買うことが出来た。
牡蠣の殻に、味噌で焼いた牡蠣がたっぷり。
美味!

[牡蠣のじゃんじゃん焼き]
a0101716_1016534.jpg

次に並んだのは、牡蠣チヂミ。
並んでいる途中、牡蠣飯が再度販売されるという放送が入り、先に牡蠣飯
をゲット。
写真ではあまり写っていないが、ご飯の中にたくさん牡蠣が隠れている。
旨味が効いた牡蠣飯は、最高に美味しかった(^^)

[牡蠣飯]
a0101716_10193335.jpg

牡蠣チヂミは、焼くのに手間がかかるのか、かなり並んだ・・・。
並んでいるうち、牡蠣が無くなったブースが、どんどん片付けを始め、
13時には閉会のスピーチ。
閉会後、しばらく経ってから、やっと牡蠣チヂミを食べることが出来た。
待った甲斐があり、チヂミも美味しかった!

[牡蠣チヂミ]
a0101716_1023546.jpg
a0101716_10231331.jpg

帰りに、牡蠣しぐれをお土産に買い、会場を後にした。

[牡蠣しぐれ等の屋台]
a0101716_10281478.jpg

この日は風が強かったので中止となってしまったが、天候が良ければ、
牡蠣の養殖筏を体験する漁船クルーズもあったそうだ。
また機会があれば、今度は時間に余裕を持って出掛けたいと思う。

[本浦漁港]
a0101716_10271661.jpg
a0101716_10272173.jpg
a0101716_10272856.jpg

[PR]
by yuzitj | 2009-02-23 10:33 | 三重

THE TOUR OF MISIA DISCOTHEQUE ASIA

a0101716_9125839.jpg


2月14日、バレンタイン・デーの夜は、名古屋・日本ガイシホールで開催
されたMISIAのライブ“THE TOUR OF MISIA DISCOTHEQUE
ASIA
”に行ってきた。
今回のMISIAのツアーは、台湾・シンガポール・上海・ソウル・香港の
海外公演と日本公演を含めたMISIA初のアジア・ツアーである。

MISIAのライブは久しぶりで、ドキドキしながら会場へ。
観客は、幅広い年齢層。
MISIAの魅力は、どの年代にも受け入れられているようだ。

前に行ったライブでは、セットが凝っていて、とても素晴らしかったが、
今回のツアーは、センター・ステージ。
センター・ステージでの公演は、MISIAにとっては初めてらしい。
和風にしつらえられたステージとなっていて、アジア・ツアーらしさが
伝わってくる。

ステージ上では、開演前から野点が行われていた。
お茶を頂いているのは、ロイヤル・シートの観客?
(“一期一会”を演出しているのだろうなぁ・・・と思っていたら、やはり
ライブ中のトークで、MISIAがそのように話していた。)

開演後1曲目は、ツアーのテーマ曲でもある“CATCH THE RAIN-
BOW”。
ツアー名に“DISCOTHEQUE”と謳っているように、 ライブ開始から
ダンサブルな曲が続く。
ダンサーと共にフリを覚えて一緒に踊ったりして、とても楽しい!

ダンサブルな曲もいいが、やはりMISIAのバラードは絶品!
生で聴くと鳥肌もの!
何度もウルウルしてしてしまった。

ハウス系のメドレーも良かった。
センター・ステージなので、始めはセットが寂しいような気がしたが、
曲に合わせた照明が賑やかで、寂しい気分は吹き飛んだ。

そして、MISIAの衣装!
全部で4種類のドレスだったが、一番最初に着ていた“CATCH THE
RAINBOW”に合わせた虹色ドレスが、とても可愛かった!

それから、MISIAの言葉。
ファンやメンバーやスタッフに対するMISIAの温かい気持ちが届き、
こちらの心も温かくなった。

MISIAの歌と気持ちのプレゼントを受け取り、素敵なバレンタイン・
デーとなった(^^)
[PR]
by yuzitj | 2009-02-16 09:11 | 音楽

湯圓

昨日は、春節(旧正月)から15日目、“元宵節”だった。
春節の元旦に当たる日から数えて、その年初めての満月を迎える日が
“元宵節”である。
中国では公園などで灯籠を飾り、ランタン祭りが行われる。
そして、家では“湯圓”を食べて、家族円満を願う。

昨年まで、私の大好物である“湯圓”は、我が家の冷凍庫にいつも
入っており、常備食であった。
でも、日本では普通のスーパーには売っていない・・・(T_T)

“元宵節”に“湯圓”が食べられないなんて、ちょっと悲しかったので、
以前から気になっていた、鈴鹿にある中国物産の店“龍江”に行って
みることにした。

[龍江]
a0101716_8594778.jpg

“龍江”に行ってみると、中国の調味料・食材が売っていた。
私は真っ先に冷凍ボックスへ向かい、“湯圓”を探してみた。
ゴマ餡や小豆餡など、何種類かあったが、私が好きなゴマ餡の“湯圓”
を購入した。

袋に記載してある日本語をよく見てみると、『こま入り団子』(“ごま”の
誤り)とか、『らち米』(“もち米”の誤り)と書いてある。
中国らしくて、笑えた・・・(^^;)

[“湯圓”の袋]
a0101716_954686.jpg

a0101716_955445.jpg

夜、“湯圓”をゆで、食べてみた。
美味しいし、懐かしい!
売っているお店を見つけたので、また“湯圓”が我が家の常備食になる
かも・・・(^^;)

[湯圓]
a0101716_961161.jpg

[PR]
by yuzitj | 2009-02-10 09:06 | 鈴鹿

節分

昨日2月3日は、節分。
福豆と恵方巻をスーパーに買いに行くと、恵方巻のコーナーには行列
が出来ていた。
天津に行っている間に、恵方巻がこんなに浸透していたとは・・・。
何とか購入出来たが、来年は予約した方が良いかも・・・。

[福豆と恵方巻]
a0101716_80029.jpg

昨夜は、豆まきをし、その後、恵方の東北東に向かって、恵方巻を
食べた。
これで、邪気は払われたかな?

昨年までは、春節に爆竹や花火で邪気を払っていた。
邪気払いの方法は違うけれど、やはり季節の変わり目にやってくる
邪気を追い払いたい・・・という気持ちは、中国も日本も同じようだ。

おうちでの豆まきは静かだけれど、TVのニュースなどを見ていると、
お寺や神社などでの節分祭は、とても賑やかである。
来年は、どこか観に行ってみたい!
[PR]
by yuzitj | 2009-02-04 08:18 | 鈴鹿