<   2008年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

天津民俗文化館(2)

天津民俗文化館のつづき。

引き続き、展示館を見学。
一番奥は、結婚にまつわる展示室だった。
各時代の結婚式衣装、婚姻証明、結婚の時に揃える家財道具などが
展示されていた。
おめでたい赤の結婚衣装もあれば、文化大革命時代は地味な中山服も
あり、各時代を反映していて、興味深い。

[結婚の展示]
a0101716_2042372.jpg

a0101716_2043960.jpg

a0101716_2065723.jpg

a0101716_2071662.jpg

a0101716_2073787.jpg

a0101716_2075155.jpg

a0101716_208538.jpg

a0101716_2082220.jpg

a0101716_2084973.jpg

a0101716_209831.jpg

a0101716_2092934.jpg

a0101716_2095018.jpg

a0101716_2010417.jpg

a0101716_20102312.jpg

a0101716_20103950.jpg

a0101716_20105450.jpg

展示館には、租界時代のお金や証券、かつて物資・食糧を計画的に配給
するために政府から人民に配られていた“票証”なども展示されている。

[票証]
a0101716_13573732.jpg
a0101716_1358621.jpg

展示館を見学していると、下の階から二胡など民俗楽器の合奏が聞こえ
てきた。
外のステージで演奏する人たちの練習だろう。
見学したかったが、係員に聞くと下の階には行けないとのことだった。
残念!

展示館を見学し終えて、外に出た。
お土産物などを買いながら、古文化街を散策。
ふと目に付いたのが、“蜂蜜軟糕”と書かれたお菓子の屋台。
薄く切るのがこのお菓子の特徴の様子。
お店のおじさんは、お客が通ると、得意気に切っていた。
前から気になっていたこのお菓子、せっかくなので、少し買ってみること
にした。
色んな味があったが、私は苺味を選んでみた。

[蜂蜜軟糕]
a0101716_20172318.jpg

a0101716_20174150.jpg

a0101716_20182325.jpg

帰宅して、さっそく食べてみた。
食感は軟らかい落雁…とでも表せばよいのだろうか?
(違うような気もするが…。)
味は微妙で、苺味を買ったのだが苺の味はしなかった…(--;)
この店、いつも客がいないのが分かった気がした…(^^;)
見た目はちょっと美味しそうだったのになぁ…。
[PR]
by yuzitj | 2008-05-30 08:44 | 天津

天津民俗文化館(1)

2008年3月11日。
“天后宮”をお詣りした後、“天后宮”の敷地のすぐ隣にある“天津民俗
文化館”へ行ってみることにした。

“天津民俗文化館”は、天津の100年の民俗文化を伝える展示館として
2006年9月に開館した。
一度、立ち寄ってみようと思いつつ、この日まで入ったことが無かった。

“天后宮”にお詣りする人は結構いるのだが、こちらに入る人は少なく、
敷地内には茶屋やステージのあったが、人気が無いのでガランとして
いて、ちょっと寂しかった…。

[天津民俗文化館]
a0101716_1751269.jpg

a0101716_17521990.jpg

a0101716_19314276.jpg

“良縁閣”と書かれた楼閣の前には、昔のお嫁入りの時の御輿が飾って
あった。

[良縁閣]
a0101716_19323837.jpg

a0101716_193317.jpg

展示館に行ってみると、何故か鍵がかかっていた…(--;)

[展示館]
a0101716_1944068.jpg

a0101716_19434034.jpg

展示館に入れないので、敷地内を見学。
2年前までは街中にたくさん走っていた黄色いバン型タクシー(その形から
“面包車(食パン車)”と呼ばれていた)が、展示されていた。
懐かしい!
たくさんの人が乗れたし、自転車も積めたので、便利だったのになぁ…。

[面包車(食パン車)]
a0101716_19395898.jpg

更に、敷地の奥の方を見学する。
色鮮やかな提灯が飾ってあり、綺麗だった。

[敷地内]
a0101716_19444685.jpg

a0101716_1945937.jpg

a0101716_19452693.jpg

a0101716_19453874.jpg
a0101716_19455320.jpg

a0101716_19461239.jpg

a0101716_19462898.jpg

展示館の方へ戻ってみると、鍵が開いていたので、中を見学。
(鍵がかかっていたのは、係員の休憩時間だったのだろうか…?)
展示品は、かつての天津の庶民の暮らしぶりがよく分かる品々が揃えて
あり、なかなか興味深い。

[展示館]
a0101716_1951289.jpg

a0101716_19493881.jpg

a0101716_19512561.jpg

(結婚式の食べ物)
a0101716_19514458.jpg

(中国式ウェディング・ケーキ(!?))
a0101716_1952168.jpg

a0101716_19525010.jpg

a0101716_19531656.jpg

a0101716_19533435.jpg
a0101716_19535192.jpg

a0101716_19541374.jpg
a0101716_19543119.jpg
a0101716_19544519.jpg

a0101716_1955889.jpg

a0101716_19553341.jpg

(つづく)
[PR]
by yuzitj | 2008-05-29 09:10 | 天津

天津“天后宮”

2008年3月11日。
観覧車を見た後、古文化街へ行き、“天后宮”にお詣り。

“天后宮”は、元代に創建された海の女神(天后)を祀った建物である。
今まで何度も建て直されてきているが、天津で現存する最古の建築物
である。
“天子の津(わたし)”(皇帝の港)として栄えた天津らしく、海の安全を
守る天后宮は、天津のシンボルとなっている。

“天后宮”は、“天津民俗博物館”としても機能しており、廟内の幾つか
の建物内で、天津の街と天后宮の歴史を紹介している。
昔の天津の街並みを描いた壁画もある。

[天后宮]
a0101716_17201897.jpg

a0101716_17203815.jpg

a0101716_17204952.jpg
a0101716_1721510.jpg

a0101716_17212084.jpg

a0101716_17213153.jpg

a0101716_17214424.jpg

a0101716_172228.jpg

a0101716_17221529.jpg

a0101716_17223477.jpg

a0101716_17224697.jpg

a0101716_1723336.jpg

a0101716_17292795.jpg

a0101716_17293819.jpg

私にとって“天后宮”は、春節(旧正月)の時には初詣に来たりしていた
ので、馴染み深いところ。
来年から初詣に来られないと思うと、ちょっと寂しくなった…(;_;)
[PR]
by yuzitj | 2008-05-28 09:10 | 天津

観覧車“天津永楽摩天輪(天津アイ)”

2008年3月11日。
この日は、子牙河に建設中の巨大観覧車を見に行った。

[子牙河](写真では分かりづらいが、奥に工事中の観覧車が見える。)
a0101716_13425236.jpg

この巨大観覧車は“天津永楽摩天輪(簡体字で“天津永乐摩天轮”と
という名前で、通称を“天津アイ”という。
この観覧車、面白いのが、橋の上に建てられていること。
橋の強度など、大丈夫なのだろうか?

観覧車の直径は約110m、最高地点の高さは約120m(ビルの35階
ほどの高さ)で、48台のゴンドラには一度に380人が乗れるそうだ。
この大きさは、現在、世界最大のロンドン・アイを抜き、世界一となる
らしい。

[天津永楽摩天輪(天津アイ)]
a0101716_1463649.jpg

a0101716_1465117.jpg

a0101716_1471475.jpg

写真を撮った時点では、まだゴンドラが取り付けられていなかったが、
4月下旬にはゴンドラ48台が取り付けられて工事は完了したそうである。
現在、強度のテスト中で、8月のオリンピック前には稼働する予定らしい。

“天津永楽摩天輪(天津アイ)”は、服飾や雑貨など生活に必要なもの
全てが揃っている巨大な市場“大胡同”のすぐ近くにある。
この市場は小売りもしているが、近隣の省から買い付けに来る卸売り
市場でもある。
観覧車が出来れば、天津のランドマークとして、すぐに知られるように
なるだろう。

[大胡同]
a0101716_1419659.jpg

しかし、現在、北京の朝陽公園にも巨大観覧車を建設しているそうで
ある。
その観覧車の直径は193m、高さは208m。(そちらも8月稼働予定。)
…ということは、北京の観覧車が完成すれば、すぐに世界一は塗り替え
られてしまうということである…(--;)
(北京は『首都として負けてられない!』と思ったのだろうか…(^^;))
束の間の世界一だけど、“天津永楽摩天輪(天津アイ)]”が天津の新しい
観光名所として活躍することを願っている。
[PR]
by yuzitj | 2008-05-27 09:43 | 天津

天津“百餃園”

2008年3月9日。
この日の夜、餃子レストラン“百餃園(簡体字で“百饺园”)へ行った。

天津で「有名なレストランは?」と問えば、中国全土に名の知られている
包子(肉まん)のレストラン“狗不理”と、ここ“百餃園”の名がすぐ上がる
だろう。
それほど、有名なレストランである。

[百餃園(平山道店)]
a0101716_21262479.jpg

a0101716_21272813.jpg

日本の餃子は具がほぼ一緒だが、“百餃園”の餃子の具は実に様々!
メニューに載っているのは人気のある餃子ばかりが厳選されたもので
あるが、メニューに載っていないものも含めると200種類以上あるそうだ。

ちなみに、中国で餃子と言えば、水餃子である。
茹で立ての水餃子を黒酢につけて食べるのが美味しい。
“百餃園”には、水餃子の他に焼き餃子もあるが、混んでいると焼いてくれ
ないこともある…(^^;)

この日、注文したのは、蟹の身と蟹ミソの餃子、豚肉・ニラ・卵・エビが具
の三鮮餃子、甘い餡の餃子の三種類。

[“百餃園”の餃子]
a0101716_10372111.jpg

蟹の身と蟹ミソの餃子は、“百餃園”の餃子の中で私が最も好きな餃子。
毎回、注文している。
蟹系の餃子は、他にも具が蟹ミソだけの濃厚な餃子もある。

[蟹の身と蟹ミソの餃子]
a0101716_10375456.jpg

日本の餃子の具に近い三鮮餃子も、私の好きな餃子のひとつ。
蟹の餃子と共に、いつも注文する。

[三鮮餃子]
a0101716_1040731.jpg

そして、珍しいのが餡の入った甘い餃子。
餡と共に、松の実などが味・食感のアクセントに入っている。
この餃子については、好き嫌いが真っ二つに分かれる。(私は大好き派。)
お持ち帰りにして、家でデザート感覚で食べることもある。

[餡餃子]
a0101716_10442171.jpg

色々な具があるので、“百餃園”は日本からの来たお客さんにも大好評。
何度も何度も通った店だが、飽きることがなかった。
ブログの記事を書いていて、また行きたくなってしまった…(^^;)
今度は、いつ行けるかな?
[PR]
by yuzitj | 2008-05-26 06:00 | 天津

天津“飴細工”

2008年3月8日。
この日は、土産物を買いに、古文化街に出掛けた。

古文化街の中央にある広場では、週末というこもあり、屋台がたくさん
出ていた。
私は買い物そっちのけで、屋台を見学…(^^;)

中でも好きなのが、飴細工の屋台。
飴細工の屋台はいつも人気で、屋台の周りは人だかりが出来ている。
ひとつ出来上がると、客が入れ替わるので、その時を狙って、前の方へ
出てみた。
一人のおじさんは、金魚や龍など、生き物系の飴細工を作っていた。

[飴細工、金魚と龍]
a0101716_1203285.jpg

a0101716_1205138.jpg

もう一人のおじさんは、幾つもの部品を作っては組み立てて、立体的な
花かごを作っていた。

[飴細工、花かご]
a0101716_121398.jpg

a0101716_1224061.jpg
a0101716_123893.jpg

この後、木の先に紐で吊し、完成。
とても可愛かったのだが、写真に撮れなくて残念…(--;)

私の場合、形を崩してしまうのが勿体なくて、食べれなくなりそうだから、
飴細工は買ったことがない。
でも、一度、買ってみても良かったかな?


<おまけ>
天津にある山西料理の店“晋郷居(簡体字で“晋乡居”)”の“刀削面”。
私の大好物のひとつで、何度食べたことやら…(^^;)

[“晋郷居”の“刀削面”]
a0101716_12194386.jpg

[PR]
by yuzitj | 2008-05-25 18:18 | 天津

北京日帰り旅行

2008年3月2日。
この日は、帰国する際の土産を買いに、北京へ行った。

いつもの和諧号に乗って出掛ける。
臨時天津駅を出発し、しばらくすると工事中の新・天津駅を通り過ぎる。

[新・天津駅]
a0101716_10493172.jpg

a0101716_10505657.jpg

そして、北京駅の手前では、工事中の新・北京南駅。
楕円形の大きな駅になるそうだが、だいたい外観は出来てきたようだ。

[新・北京南駅]
a0101716_10494695.jpg

a0101716_1052836.jpg

a0101716_1050012.jpg

北京に着いてから、まずは昼食。
台湾料理の“小城故事”に入り、台湾の屋台料理として人気の丼物、
“魯肉飯”を食べた。
丼物は昼食にぴったりで、とても美味しかった(^^)
いつかは本場で食べてみたいものである。

[小城故事]
a0101716_1134568.jpg

a0101716_114010.jpg

[魯肉飯]
a0101716_1141388.jpg

腹ごしらえをしてから、秀水街で土産物を購入。
買い物の後は、今回が最後かもしれないと思ったので、天安門に行って
みた。

[天安門]
a0101716_1111459.jpg
a0101716_11111882.jpg

天安門をくぐり、中へ。
この日は日曜日ということもあり、観光客が多く、人力三輪車の客引きが、
ひっきりなしに声を掛けてきて、断るのが大変だった…。

[天安門の裏側]
a0101716_11114058.jpg

天安門に行った後、王府井にて、また土産物の購入。
ちょっと物価が上がっていて、屋台でも、なかなかまけてくれなかった。
オリンピックを目の前にして、強気だなぁ…と感じた。

土産物を一通り購入したら、もう夕方。
夕飯を食べに出掛ける途中、中国のNHK“中央電視台(CCTV)”の
新社屋の工事現場が見えた。
それまでは、ネット・ニュースなどの写真でしか見たことがなかったが、
実際に近くで見てみると、かなり異様!

[“中央電視台(CCTV)”の新社屋]
a0101716_11302649.jpg
a0101716_11304243.jpg

a0101716_1131342.jpg

夕飯は、豆腐料理のレストラン“磨磨叽叽豆腐工坊”へ。
この店は、主に豆腐料理を出す店だが、肉料理も美味しかった。
食器・内装も凝っており、なかなか面白い店だった。

[“磨磨叽叽豆腐工坊”と店の料理]
a0101716_11232650.jpg
a0101716_11234490.jpg

a0101716_1124546.jpg

a0101716_1124234.jpg

a0101716_11244080.jpg

a0101716_11245371.jpg

a0101716_1125477.jpg

a0101716_11252319.jpg

食べた後、少し早かったが、北京駅へと向かった。

[北京駅]
a0101716_11321384.jpg

待ち時間が長かったので、“軟席(一等席)”の待合室へ行ってみたが、
どこも人がいっぱい!
やっと空いた席に座る頃には、もうホームへ向かわなければならな
かった。

[“軟席(一等席)”の待合室]
a0101716_11345371.jpg

そして、たくさんの土産物を持って、和諧号に乗り、天津へ。
いつもの観光の旅行とは違い、買い物旅行は荷物も多くなるし、かなり
疲れてしまった…(--;)
[PR]
by yuzitj | 2008-05-24 08:43 | 北京

天津“五大道”

随分タイムラグがあるが、今日から、ブログにアクセス出来なくなって
からのことを書こうと思う。

まずは、2008年2月28日のことから…。
この日は一足先に帰国される日本人の奥様と一緒にランチ。
日本でも連絡したらすぐに会えるのに、何だか寂しい気持ちになって
しまった…。

ランチの帰り、もうすぐ帰国と思うと、天津が一段と愛おしい街に思えて
きた。
普段何気なく歩いている近所“五大道(元イギリス租界地だった地区)”の
風景を写真に撮ってみた。

[五大道の風景]
a0101716_10592776.jpg

a0101716_10594118.jpg

a0101716_10595527.jpg

a0101716_110938.jpg

a0101716_1102335.jpg

a0101716_11035100.jpg

a0101716_1105112.jpg

a0101716_1111332.jpg

五大道は、何度通ったことだろう。
最近は新しく建て直された建物も増えてきたが、なるべく租界当時の姿を
保って欲しいものである。


<おまけ>
街で見かけたもの、その一、“消毒済み食器”。
最近、ローカル・レストランで、ラップをかけた消毒済み食器を出す店が
増えてきた。
初めて見た時は、消毒を外注することにビックリした。

[消毒済み食器]
a0101716_1123586.jpg

街で見かけたもの、その二、“双喜”。
結婚式用品のお店のドアに書かれた“双喜”。
男の子と女の子の絵になっているところが可愛らしかったので、写真を
撮った。

[双喜]
a0101716_1133278.jpg

[PR]
by yuzitj | 2008-05-23 11:03 | 天津

本「満州国演義 1,2」

a0101716_1139721.jpga0101716_11393110.jpg


本「風の払暁(満州国演義 1)」
本「事変の夜(満州国演義 2)」
著者:船戸与一
出版:新潮社
発行年月:2007.4

この小説は、「週刊新潮」2005年7月14日号~2006年9月14日号に
掲載された「満州国演義・霊南坂の人びと」を大幅に加筆・修正したもの
である。

小説の舞台は、満州。
麻布・霊南坂の名家に生まれた四兄弟が、外交官・馬賊の長・陸軍士官・
劇団員の早大生と、それぞれ異なる立場にいながらも、運命によって、
やがて皆、満州に導かれてゆく…。
そして、第2部では、立場が異なるが故の四兄弟の対立・苦悩が描かれ
ていく。
歴史の事実を元にしながら書かれた大河ロマンである。

激動の時代、歴史の大きな波にのまれた四兄弟が、運命的に絡んで
いかざるをえなくなっていく。
その描き方がとてもリアルに感じられ、小説の世界に引き込まれていく。
歴史的事実の裏では、本当にこのような兄弟たちが生きていたかもしれ
ない…と思ってしまった。

満州国演義シリーズは、船戸作品の中で最も大きなスケールの小説。
今後、第8部まで刊行されるらしい。
第2部までは、一気に読み終えた。
先が気になる作品である。
[PR]
by yuzitj | 2008-05-22 10:07 |

映画「神探 Mad Detective」

a0101716_14373247.jpg


映画「神探 Mad Detective(邦題:マッド探偵)」
監督:杜琪峰(ジョニー・トー)、韋家輝(ワイ・カーファイ)
出演:劉青雲(ラウ・チンワン)、林家棟(ラム・カートン)、林熙蕾(ケリー・
リン)、安志杰(アンディ・オン) ほか
公開:2007.11

「神探」は、杜琪峰(ジョニー・トー)・韋家輝(ワイ・カーファイ)監督による
ハードボイルド映画。
2007年の第64回ベネチア国際映画祭では、サプライズ上映された
作品である。

映画の主人公は、人間の心に巣くう“鬼”が見える刑事。
その能力により、難解な事件を次々と解決してきたが、犯人の行動を
逐一真似ていくと犯人が分かる…という奇妙な捜査に、周囲はついて
行けず…。
結局、警察を解雇されるが、数年後、警官から盗まれた拳銃による連続
殺人事件が発生。
刑事だった頃の能力を買われ、捜査に協力することになるが…。

オリジナルの香港版は、かなりグロいシーンもあるので、心臓の弱い方
には、お薦め出来ない…。
(大陸版では、かなりカットされているらしいが…。)

香港映画独特のハードボイルド映画かと思いきや、心の“鬼”が実像と
して出てくるところは、ハードボイルド映画にしては何とも異色…。
人一人に、“鬼”が七人(多重人格ということ?)見えることもあり、“鬼”
同士の葛藤などは観ていて面白かった。(ちょっと笑える場面も有り。)

個性派俳優・劉青雲(ラウ・チンワン)の演技がスゴイ!
“かなりアブナイ、奇行が目立つ人”役が、妙にハマっていた。
(本人は、そんなこと言われたくないだろうが…(^^;))
でも、妻の“鬼”まで見えてしまうあたりは、とてもせつない…。

[劉青雲(ラウ・チンワン)]
(画像は、新浪網 影音娯楽世界より。)
a0101716_1575379.jpg

ラストのシーンは、頭が混乱!
もう一度観てみないと、よく分からない…(@@;)
[PR]
by yuzitj | 2008-05-21 11:30 | 映画