<   2007年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ドラマ「悪魔在身辺」

a0101716_15273640.jpg


ドラマ「悪魔在身辺(邦題:悪魔で候。簡体字:恶魔在身边)」
出演:楊丞琳(レイニー・ヤン)、賀軍翔(マイク・ハー)、王傳一(ワン・
チュアンイー) ほか
放送:2005
日本語公式サイト

高梨みつばの漫画「悪魔で候」が原作の台湾ドラマ。
普通の女子大生の主人公は、校内一の問題児に好かれる。
彼女もだんだん彼が好きになっていくが、実は彼が母親の再婚相手の
息子だったことから、二人の恋愛は順調に進まず…。

F4の「流星花園(邦題:花より男子)」がヒットしたことから、日本の漫画が
原作の台湾ドラマは多い。
そういえば、このドラマ、内容が何となく「流星花園」に似ているかも…。
台湾の女の子たちは、こういう学園物が好きなのかな?

楊丞琳(レイニー・ヤン)は、「流星花園」の優紀役で出演していて、純で
一途な女の子を演じていた。
このドラマでは、ちょっとドジな女の子を演じていて、とにかく表情が漫画
っぽくて、とても可愛らしかった。

大の哈日族(親日家)であるレイニーは、抗日戦争関係の質問で何度か
失言している…(^^;)
素でもそんな天然のドジっぷりを披露する女の子なので、おとなしい優紀
役の時よりも演じやすかっただろう。

エンディングテーマ曲「曖昧」は、レイニーが歌っている。
エンディングだけでなく、劇中も何度も流れるので、自然に耳に残る。
なかなか良い曲!

それにしても、このドラマは、色んなタイプの台湾イケメン俳優が出演
している。
賀軍翔(マイク・ハー)が出演しているドラマは初めて見たが、やはり
カッコイイ!
人気があるのが分かる。
このドラマでは悪魔のような存在ということで、ドラマの中で悪魔みたい
な(!?)キラー・スマイルを何度も見せる。
でも、時々ふと見せる優しい笑顔があまりにも可愛くて、そのギャップに
ついつい惹かれてしまう…。

王傳一(ワン・チュアンイー)は、F4の周渝民(ヴィック・チョウ)主演の
ドラマ「深情密碼」で観てから気になっていた俳優。
このドラマでたくさん観ることが出来て、ちょっと嬉しかった(^^)
マイク・ハーの弟役として出演していた童顔の曽少宗(フィガロ・ツェン)も
気になる存在だった。
(ちなみに、王傳一と曽少宗は、F4の弟分としてデビューしたが既に解散
してしまった“可米小子(Comic Boyz)”の一員だったそうだ。)

現在、「悪魔在身辺(邦題:悪魔で候)」はBS日テレで放送中。
(BS日テレの「悪魔在身辺」サイト)
台湾ドラマは、とにかく話が長い!
日本のドラマとはテンポが違うので、地上波ではなかなか受け入れられ
ないかも知れないが、たとえBSでも放送してくれているのが嬉しい(^^)


<おまけ>
F4の言承旭(ジェリー・イェン)主演の台湾ドラマ「白色巨塔(邦題:ザ・ホス
ピタル)」は、10月4日からNHK BS2で放送される
(NHK BS2「ザ・ホスピタル」出演者来日記者会見のサイト)
華流、もっと広がって欲しい!


<追伸>
中国では国慶節の連休となる。
今日から旅行に出掛けるので、ブログはしばらくお休み…。
[PR]
by yuzitj | 2007-09-29 06:00 | ドラマ

CD「一只牛的異想世界」

a0101716_128988.jpg


CD「一只牛的異想世界(簡体字:一只牛的异想世界)」
歌手:劉徳華(アンディ・ラウ)(簡体字:刘德华)
発売:2007.7

01. Command Neway
02. 超人
03. 最受欢迎男歌手
04.
05. 牧笛
06. 归宿
07. 冬季不下雪
08. 玄之又玄
09. 我是一只牛
10. 茧人
11. 壹块钱
12. 只想抱抱 (粤语)

香港四大天王の一人・劉徳華(アンディ・ラウ)の最新北京語アルバム。
アルバムタイトルの意味は、“一頭の牛の奇跡の世界”。
丑年生まれであるアンディは、牛の優しさ・努力・無邪気なところが好き
で、“牛の目=子ども時代のような純真な気持ち”で世界を見たら、世界
はもっと素晴らしく見えるだろう…と考えて付けたタイトルだそうである。

アンディの前作アルバム「再説一次,我愛你」は、アンディ主演の映画
(邦題:「愛と死の間で」)と同じタイトルで、「純愛」がテーマだった。
今回のアルバムは、どの曲も趣きが違い、バラエティ豊か!
R&B、バラード、ダンサブルな曲など、様々なジャンルの曲を歌って
いる。
実在歌手名が出てくる歌詞が面白い「最受欢迎男歌手」、温暖化が
テーマの「冬季不下雪」など、歌詞も興味深い。

私が気に入ったのは、「一」。
周杰倫(ジェイ・チョウ)の曲を多く手掛ける人気作詞家である方文山
(ビンセント・ファン)の作品である。

CDなので映像は入っていないが、MVで気に入っているのは「牧笛」。
七夕の織姫・彦星の話が元になっている曲で、MVは全てアニメ。
とても素敵なイラストである。

それにしても、アンディは幾つになっても魅力的でカッコいい。
歌も良いが、忙しいにも関わらず積極的に映画出演しているので、新作
がいつも楽しみ!
金城武、李連杰(ジェット・リー)と共演の映画「投名状」は、撮影が終了
し、現在、編集中。
早く映画館で観てみたい!


<追伸>
ミャンマーのデモの件、犠牲者まで出てしまい、本当に憂慮している。
昨年末に訪れたミャンマーは、とてものどかで穏やかな国に見えた。
スー・チーさんの軟禁されている住居の前だけは警備が厳しく、そこでは
ミャンマーが軍事政権であることを思い知らされたが…。
表面は穏やかに見えていても、一触即発の状態だったのだろう。
知人がヤンゴンに住んでいるので、とても心配…。
ミャンマーで出会った人々の優しい笑顔も思い浮かぶ。
これ以上、犠牲者が出ないよう、早急に収束して欲しい。
[PR]
by yuzitj | 2007-09-28 06:00 | 音楽

中国製MP3プレーヤー

今まで、MP3プレーヤーについては日本から持ってきた容量の少ない
プレーヤーを使っていた。
新しいCDを買うたびにプレーヤーの内容を入れ替える作業がだんだん
面倒になり、最近では使っていなかった…。

しかし、天津の日本人向け情報雑誌「JIN」9月号に、MP3プレーヤーの
比較記事が載っていて、それを読んでから、急にMP3プレーヤー熱が
戻ってきた。

だんだん熱が高まり、天津の電脳街(中国語でコンピュータを電脳(簡体
字で“电脑”)という)である鞍山西道へ行ってみた。
鞍山西道は道の両側にコンピュータ関係の店が建ち並ぶ通りで、中でも
皆に利用されているのは、百脳匯(簡体字で“百脑汇”)と、賽博数碼
広場(簡体字で“赛博数码广场”)である。

百脳匯と賽博数碼広場は、コンピュータ・コンピュータ系電器製品・コン
ピュータ部品を扱っている小さな小売り店が何十店(何十どころでは
ないかも…)も入った電脳デパートである。
コンピュータ以外にも、電気関係の部品・配線など、雑多な電気製品が
売っている。
(日本で言うと、東京の秋葉原、名古屋の大須の電器街のような感じ?)

私がいつも行くのは、賽博数碼広場。
天津に来てから、もう何度訪れたことやら…。
PC周辺機器・PC関連消耗品は、いつもここで購入している。

[賽博数碼広場]
a0101716_1053124.jpg

a0101716_10532993.jpg
a0101716_10535074.jpg

a0101716_1054125.jpg

賽博数碼広場で、色々なMP3プレーヤーを見て回ったが、値段的にも
音質的にも気に入ったのが、中国のメーカー・魅族(MEIZU)のmusic
card。

上記の「JIN」に載っていた比較記事に、魅族(MEIZU)のmusic card
は、フィリップ社のデコードチップを使っているため、音質が良いらしい。
iPod nanoに似せた外観が、いかにも中国製らしく怪しいが(^^;)、
価格はiPod nanoの半分以下である。

[魅族(MEIZU)のmusic card]
a0101716_1058121.jpg
a0101716_10585772.jpg

a0101716_1144020.jpg

購入の際、透明プラスチックと、ゴム製の保護ケースを、おまけに付けて
くれた。
でも、透明プラスチックの保護ケースは厚味がありすぎて、穴は開けて
あっても、キーロックのボタンが押せない…。
ゴム製の方は本体は保護出来ても、保護ケースの方は妙にホコリを
吸着しすぎる…。
結局、どちらも使えなくて、意味がない保護ケースだった。
そういうところが、これまた中国製らしさを醸し出している…(--;)

[保護ケース]
a0101716_1142337.jpg

今回買ったMP3プレーヤーの容量は2GB。
これで、内容の入れ替えは少なくて済みそう。
思いっきり活用したい!


<おまけ>
MP3を買った帰りに入った牛肉拉面の店。
中国の手打ち麺はコシがないのだが、ここのはちょっとモチッとしていて、
特にスープが美味しかった(^^)
一杯2.5元(約40円)!
すぐ近くに天津医科大学があるので、学生価格なのだろう。

[牛肉拉面の店と、牛肉拉面]
a0101716_10352012.jpg

a0101716_10353459.jpg

[PR]
by yuzitj | 2007-09-27 06:00 | 天津

映画「不能説的秘密」

a0101716_9214160.jpg


映画「不能説的秘密(英題:secret、訳:言えない秘密)」
監督:周杰倫(ジェイ・チョウ)
出演:周杰倫(ジェイ・チョウ)、桂綸镁(グイ・ルンメイ) ほか
公開:2007.7
中国語公式サイト

ピアノの才能に恵まれた男子高校生と、不思議な女子高生とのファンタ
ジックなラブ・ストーリー。

アジアで絶大な人気を誇る台湾の歌手・周杰倫(ジェイ・チョウ)が、監督、
主演、ストーリーの原案、音楽、編集を、自ら手掛けた作品である。
ジェイ自身の初恋を元にした話…と言われてきたが、実は違うらしい。

人気歌手の初監督作品ということで、期待していなかったが(^^;)、
音楽はもちろんのこと、ストーリーや映像もとても良かった。
張芸謀(チャン・イーモウ)、劉偉強(アンドリュー・ラウ)、朱延平(チュー・
イェンピン)などの大物監督に絶賛されているのが理解出来た。

28歳のジェイが高校生役というのも、見る前までは「それは、ちょっとどう
かな?」と思っていたのだが、案外、ハマっていて、違和感なく観ることが
出来た。(実際には4つ下のグイ・ルンメイがお姉さんに見えるほど!)
演技も、とても自然で良かったと思う。

映画「頭文字D(イニシャルD)」でもジェイの父親役を演じた黄秋生(アン
ソニー・ウォン)が、この映画でもジェイの父親役を演じている。
黄秋生(アンソニー・ウォン)の演技は、やっぱり味があり、場を和ます
役がぴったり!

音楽家としての一面だけでなく、俳優として映画出演もし、今回、監督と
してもデビューしたジェイ。
芸能関係の他にも、ブティックやレストランに投資したり、友人と出版社
を設立したりしているらしい。
(今後は、映画会社設立か?とも噂されている。)
ジェイは、何だかスゴイ人である。
才能のある人は、やはり凡人とは違うなぁ…。


<おまけ>
ジェイと人気を二分する王力宏。
王力宏の出演する映画「色・戒(英題:Lust Caution)」も、もうすぐ公開
される。

ジェイと王力宏が互いにライバル視していると見ているマスコミは、同じ
ような時期に映画が公開されるということで、それぞれにインタビュー。
王力宏は「ジェイが招待してくれれば見に行きたい」と話し、ジェイは「公開
初日プレミアに来てほしい」と伝えた。

そして、「不能説的秘密」の公開初日プレミアに、王力宏は参加。
王力宏は、その頃、体調を崩し、自身のライブやサイン会などは延期・
中止が相次いでいたのだが、ちゃんとインタビュー時の約束を守って、
公開初日プレミアには参加したようだ。

[「不能説的秘密」公開初日プレミアでの二人]
a0101716_922797.jpg

[PR]
by yuzitj | 2007-09-26 06:00 | 映画

中秋節

今日は旧暦8月15日、日本では十五夜、中国では中秋節。
中国では、一家団欒の大切な行事。

昨晩、私の住むアパートでは、毎年恒例の中秋節のパーティがあった。
日本人の奥様方や子ども達、アパートのスタッフ達は、チャイナ・ドレスで
着飾り、華やか!
私は去年も一昨年も普段着で参加していたのだが、今年は先日購入した
チャイナ・ブラウスがあったので、それ(綿生地の方)を着て参加。

パーティの最後に、アパート側から月餅を頂いた。
今年のは、縦長の箱入りで、ちょっとオシャレ。
毎年思うのだが、中秋節の月餅の包装は、とても立派!
箱がとても丈夫で、中には布が敷いてあり、捨てるのが勿体なくて、つい
ついリサイクルしてしまう貧乏性の私…(^^;)

[月餅]
a0101716_9374190.jpg

a0101716_9384768.jpg

箱の中は、“白蓮双黄”(白餡に卵の黄身の塩漬けが入った伝統的な
月餅)と、“豆沙”(小豆餡)のが二つずつ。
“白蓮双黄”の方は、その名からも分かるように、塩漬け黄身が二つ入って
いる。(下の写真で二つ入っているのが分かるだろうか?)
塩漬け黄身が入った月餅、私は結構好きなのだが、あまり日本人ウケ
しない…。
緑茶(西湖龍井)を淹れて、食べてみた。

[白蓮双黄]
a0101716_9425839.jpg

上記写真に写っている品茗杯(湯呑み)は、最近、新しく購入した茶器。
これは、日本にも支店のある中国茶と中華料理・スイーツのチェーン店
一茶一坐”で購入したもの。
このお店、ファミレス的雰囲気で気軽にお茶が楽しめる。
料理もスイーツも結構美味しくて、お気に入りのお店である。

茶器は、聞香杯・品茗杯・茶托がセットになったもの。
写真では分かりにくいが、聞香杯・品茗杯の薄緑色が綺麗で一目で気に
入ってしまった。
竹の茶托は、この茶器を買うちょっと前に購入した竹茶盤にも良く合う。
竹茶盤は、軽くて耐久性があり、使い込むと風格が出るということで、
前から欲しかった茶道具。
普段使いに、一人分用の小さめのが欲しくて買った。
これもコンパクトで気に入っている。

[茶器、茶船]
a0101716_1013353.jpg

a0101716_10131997.jpg

a0101716_1013386.jpg

そろそろ秋茶の季節。
春に美味しかった安渓鉄観音は、夏茶も結構美味しいと聞いていたの
だが、実は秋茶が最高に美味しいと聞いて、結局、夏茶は買わずじまい。
秋茶は絶対に買うつもり!
[PR]
by yuzitj | 2007-09-25 06:00 | 天津

女子サッカーワールドカップ

20日のブログ(<おまけ>)にも書いたが、中国では現在、女子サッカー
ワールドカップ
(中国語で“女足世界杯”)が開催されている。
(開催会場は、武漢・成都・上海・杭州・天津。)

天津では、天津オリンピックセンタースタジアムで5試合開催。
《天津での試合、今までの結果》
1試合目 9月18日 北朝鮮vs.スウェーデン  試合結果1-2
2試合目 9月20日 中国vs.ニュージーランド 試合結果2-0
3試合目 9月22日 アメリカvs.イングランド  試合結果3-0
 
せっかく天津で開催されているのにも関わらず、なでしこジャパンの来津
が叶わなかったり、中国戦のチケットが手に入らなかったり…。
(そういえば、なでしこジャパンと言えば“謝謝”横断幕が、中国で賛否
両論の論争になってしまった…。
日本人的感覚から、素直に“ありがとう”を言いたかっただけなのだと思う
が、こんなに話題になってしまって、びっくりしているであろう。
<Yahoo!ニュース なでしこ「謝謝」横断幕に中国で賛否激論>)

天津での試合を、なかなか観に行けず、ちょっとヘコんでいたのだが、昨夜
の準々決勝、ブラジルvs.オーストラリア戦のチケットを、Yさんが分けて
下さり、やっと観に行くことが出来た。(Yさん、ありがとう!)

[チケット]
a0101716_15121170.jpg

会場の天津オリンピックセンタースタジアム(中国語で“天津奥林匹克
体育中心体育場”)、愛称“水滴”。

[天津オリンピックセンタースタジアム]
a0101716_1511447.jpg

a0101716_14321886.jpg

a0101716_1524273.jpg

a0101716_14323486.jpg

a0101716_14333456.jpg

試合は、女子とは思えないほどの迫力にびっくり!
足も速い!
試合結果は3-2でブラジルが勝ち、4強入りを果たした。
互いに点を入れ合い、観ていてとても面白い試合内容だった。

[試合の様子]
a0101716_14562271.jpg

a0101716_14564946.jpg

a0101716_1457975.jpg

a0101716_14574454.jpg

a0101716_14581439.jpg

a0101716_14583387.jpg

a0101716_14585246.jpg

a0101716_14591478.jpg

a0101716_14593357.jpg

a0101716_151185.jpg

試合後、観客は余韻を楽しむ間もなく、大量の保安スタッフによってスタジ
アムから追い出される。
大型スクリーンでは、インタビューが続いていたのだが…。

スタジアムの外に出た後は、敷地内の噴水を見学。
カラフルで、なかなか綺麗。

[スタジアム敷地内の噴水]
a0101716_1545174.jpg

[スタジアム敷地内の噴水](動画)


帰りのタクシーでは、客が日本人だと分かると、運転手が「日本は8強入り
できなかったね」と話していた。
中国はサッカー好きの人が多く、サッカーの試合結果をよく知っている。

天津での試合は、あと1試合。
9月26日、準決勝ドイツvs.ノルウェーである。
ノルウェーは、開催国である中国を破って、4強入りを果たした。
中国チームが勝っていたら、天津、盛り上がっただろうなぁ…。


<おまけ>
天津会場の記念グッズとして、Tシャツを1枚購入したら、もう1枚おまけで
もらえた。(何だかTVショッピング商法みたい!)

Tシャツのデザインは、天津駅前の“世紀鐘”。
“世紀鐘”、天津らしいのかどうか微妙…。
(ちなみに“世紀鐘”については、5月5日のブログ参照。)

[天津大会記念のTシャツ]
a0101716_15173447.jpg

[PR]
by yuzitj | 2007-09-24 06:00 | 天津

本「となりの中国人」

a0101716_1843392.jpg


本「となりの中国人 迷宮のヒトビト」
著者:祐木亜子
画:いぢちひろゆき
出版:小学館
発行:2007.7

中国で働いた経験のある著者が、中国と日本の生活やビジネス習慣の
違いを、楽しく綴ったコミックエッセイ。

エッセイが半分、コミックが半分ぐらいで、著者が実際に体験した面白
可笑しいエピソードが満載!
以前何度か紹介した五十嵐らんさんの本にも通じるところがある。
著者の経験・失敗から、中国人とのお付き合いする上で、日本人が躓き
やすいところをアドバイスしてくれているような本である。

文化・生活・習慣の違いから生じる誤解。
著者は、エピローグで、『大切なのは、違いを理解し、尊重する気持ちを
もつこと、そのうえで心を開いてつき合うことなのだ。私はそれを、「人
づき合いの達人」である中国人の友人たちから教わった』とある。

中国製品の品質問題が世界的に取り沙汰されている中、反中・嫌中の
日本人がどんどん増えてきている…。
ちょっと悲しい現実…。
でも、自分の周囲に中国人の知人や友達がいれば、考え方は違ってくる
だろう。
まずは、ちょっとでも中国のことを知って欲しいと思う。


<おまけ>
昨日、中国ではノーカーデー(中国語で“無車日”、簡体字で“无车日”)
だった。
中国国内108都市で、ノーカー活動を実施したそうである。
天津では、7:00~19:00の間、幾つかの道路がマイカー禁止道路として
指定されていたようだ。

9月22日のノーカーデーでは、フランスで始まり、今では“国際ノーカー
デー”として、全世界1488の都市が活動に参加しているそうだ。
(日本は?)

中国建設部の予想によると、ノーカーデーを1日実施した場合、中国全土
で燃油3300万リットルが節約、有害気体成分約3000tの排出が削減、
数百人が交通事故によるけがから免れる計算になるらしい。

こちらではマイカーを持っていないので、昨日もタクシーやバスを使って
移動した。
しかし、昨日の天津は雲ひとつ無い晴天(こんな日は年に数回!)。
週末、絶好のお出掛け日和になったとあって、道路はいつもの週末とそれ
ほど変わらず、ノーカーデーを感じることが出来なかった…。
しかも、交通事故を2ヶ所で見かけた…。
でも、ノーカーデーを実施しないよりはマシなのだろう…(^^;)

台湾の台北では、15日にノーカーデーのイベントがあった。
環境に配慮した再生紙パッケージでCDを出した王力宏。
最近、王力宏は、環境保護に関して、積極的に活動している。
15日の台北でのイベントでも、自転車に乗って、環境保護をアピール。

[台北ノーカーデー・イベントでの王力宏]
a0101716_1925158.jpg

中国のマイカー増加率は著しい。
2年半前、天津に来た時、道路には赤いタクシーばかりが目立っていた
が、今ではマイカーの方が断然多い。
毎朝・毎夕のラッシュ時の渋滞は、どんどん悪化している。
今後、どうなることやら…(--;)
[PR]
by yuzitj | 2007-09-23 06:00 |

本「上海クライシス」

a0101716_8391934.jpg


本「上海クライシス」
著者:春江一也
出版:集英社インターナショナル
発行:2007.4

この本は、“上海日本総領事館員自殺事件”をヒントに、中国自滅への
道を克明に描いたサスペンス・ロマン。

著者の春江氏は、外務省入省後、在チェコスロバキア日本国大使館、
ベルリン総領事館などの勤務を経ている。
著書には“中欧三部作”と呼ばれる「プラハの春」、「ベルリンの秋」、
「ウィーンの冬」などがある。

この本の主な舞台は中国。
中国内政の問題だけでなく、国際的な情勢など、大使館・領事館勤め
だった頃の著者なりの情報を詳しく交えているので、大スケールの
エンターテイメント小説なのに、フィクションとは思えないほど、内容が
かなりリアル!
読み出したらすぐに小説の世界に引きずり込まれ、一気に読み終えて
しまった。

小説として読んでも楽しめるが、中国の今を知るための情報本としても
かなり役立つ本である。
[PR]
by yuzitj | 2007-09-22 06:00 |

映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」

a0101716_8353721.jpg


映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」
監督:澤井信一郎
出演:反町隆史、菊川怜、若村麻由美 ほか
公開:2006
公式サイト 

モンゴル帝国を統一した英雄チンギス・ハーンの生涯を描いた歴史大作。
モンゴル建国800周年記念として、総製作費30億円をかけ、オール
モンゴルロケで撮った映画である。

森村誠一の原作を読んでから、ずっと観たかった映画である。
DVDを見つけたので観てみたが、これは映画館の大きなスクリーンで
観た方がずっと良いと感じた。

原作を読んで、チンギス・ハーンの生涯を、2時間の映画にまとめるのは
大変だとは思ったが、やはりストーリー的にまとめきれていなかったのが、
ちょっと残念…。
原作を読んでいれば、チンギス・ハーンを取り巻く人間関係や、部族間の
関係など、予備知識がある分、分かりやすいが、映画だけを観た方には
少し分かりづらいかもしれない。

キャスティングもちょっと…。
内モンゴルでチンギス・ハーンの肖像画を何度も目にしたからか、彼を
反町隆史が演じるのはちょっと似合っていないように感じた。
反町隆史は格好良いのだけれど、モンゴル族っぽく見えないし…(^^;)
(モンゴル族の人々は、もっとガッシリした感じなので…。)

でも、モンゴルの風景はとても素敵な映像だった。
私は中国の内モンゴルしか行ったことがないけれど、草原の風景などは
同じなので、とても懐かしく感じた。

本物の馬5000頭を使った戦闘シーンや、現地動員したエキストラ2万人
を使った即位式のシーンは、とても壮大!
やはり大きなスクリーンで観たかった…。
[PR]
by yuzitj | 2007-09-21 06:00 | 映画

本「天空列車 青蔵鉄道で行くチベット」

a0101716_8311084.jpg


本「天空列車 青蔵鉄道で行くチベット」
写真:長岡洋幸
著者:長田幸康
出版:集英社インターナショナル
発行:2007.6

世界一高い地点を走る寝台列車・青蔵鉄道、人呼んで“天空列車”。
青海省の西寧から、チベットのラサまでの青蔵鉄道の旅を、写真と
文章で完全再現した本である。

美しい風景の写真がいっぱいで、写真集として見てもいいくらい。
この本の写真は、長岡洋幸氏によるもの。
長岡氏は、チベットを専門に撮っている写真家である。
ちなみに「地球の歩き方 チベット」の写真も長岡洋幸氏によるもので
ある。
知り合いではないが、私と同郷ということで、勝手に親しみを沸かせて
いる…(^^;)

この夏に乗ったばかりの青蔵鉄道だが、この本を眺めていると、もう
懐かしく感じる。
青蔵鉄道を愉しむための情報も書いてあり、旅行に行く前に読んで
おきたかったなぁ…と思った。
これから青蔵鉄道に乗りたいと思っている人にとっては必見の書ある。


<おまけ>
a0101716_8301838.gif


現在、中国で女子サッカーワールドカップが開催されている。
(開催会場は、武漢・成都・上海・杭州・天津。)
天津では、天津オリンピックセンタースタジアムで5試合開催。
天津での1試合目は、9月18日北朝鮮vs.スウェーデンだった。

2試合は昨晩、中国vs.ニュージーランドの試合が天津で開催される
予定だったが、試合の直前になって、今晩に延期されたというお知らせ
がまわった。

18日、成都にて、FIFAの試合日程調整会議があり、急遽決まったこと
らしい。
日程は予め調整・決定されているはず…。
しかも、延期が決定した時点で知らせるならまだしも、試合の直前に
なってから知らせるとは…。

オリンピックは大丈夫なのだろうか?
心配になってきた…。

[天津オリンピックセンタースタジアム]
a0101716_8472047.jpg

P.S.
なでしこジャパンがA組2位通過なら、22日に来津!だったのだが…。
天津在住の日本人は皆、楽しみにしていたので残念!
[PR]
by yuzitj | 2007-09-20 06:00 |