カテゴリ:ドラマ( 6 )

ドラマ 『画皮 ~千年の恋~』 & 映画 『画皮 ~あやかしの恋~』

a0101716_18265796.jpg

ドラマ 『画皮 ~千年の恋』(全34話)
監督 : 高林豹(コー・ラムパウ)
脚本 : 劉浩良(ラウ・ホーリョン)
出演 : 薛凱琪(フィオナ・シット)、陳怡蓉(タミー・チェン)、凌瀟粛
(リン・シアオスー)、李宗翰(リー・ゾンハン)、吴映洁(ウー・インジエ)
董易晋(ドン・イージン) など
中国での放送 : 2011年3月3日~
日本での放送 : 2012年6月26日~8月30日
日本語公式サイト : http://www.bs-j.co.jp/gahi/

BSジャパンで放送されていた中国ドラマ『画皮 ~千年の恋~』。
人間に恋をした美しい白狐の妖怪と、その妖怪に魅入られた夫の
身を案じる妻の話で、ドラマ版の『画皮』は、2008年の映画『画皮』
のスタッフが再集結し、別キャストによって完成させたものである。

BSジャパンでドラマの予告を見た時、妖怪物と聞いて、ちょっと敬遠
していたのだが、中国語の勉強にもなるかな?と思い直して第1話を
観たところ、見事にハマってしまった…(^^;)

思っていたよりストーリーが面白かったし、俳優では白狐の妖怪役の
薛凱琪(フィオナ・シット)の妖艶さ、一途で貞淑な妻役の陳怡蓉
(タミー・チェン)の可愛らしさに魅かれた。

月~木曜日の毎日放送されていたので、モロッコ旅行中も録画して、
しっかり最終回まで見届けた。

肝心の中国語の方は、セリフが長くなると、ついついリスニングは
ほったらかして、字幕に見入ってしまった…。ダメだなぁ…。



a0101716_19351766.jpg

映画 『画皮 ~あやかしの恋~』
監督 : 陳嘉上(ゴードン・チャン)
出演 : 周迅(ジョウ・シュン)、趙薇(ヴィッキー・チャオ)、陳坤(チェン・
クン)、孫儷(スン・リー)、威玉武(チー・ユーウー)、甄子丹(ドニー・イェン)
ほか
中国での公開 : 2008年
日本での公開 : 2012年8月
日本語公式サイト : http://www.gahi-movie.com/

ドラマ版『画皮』の元となった映画で、中華圏で大ヒットとなった作品。
ストーリーは、ドラマ版と同じである。
8月中旬、“TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ”へ観に行った。

映画版に出演するのは、周迅(ジョウ・シュン)に趙薇(ヴィッキー・
チャオ)、陳坤(チェン・クン)に甄子丹(ドニー・イェン)!
何て豪華なキャスト陣!

ドラマ版のキャストを観慣れていたので、始めはなかなか映画版の
キャストに慣れなかったが、途中から違和感なく楽しめた。
周迅(ジョウ・シュン)の妖怪役は、見応えがあった。

でも、公開されて間もないというのに、劇場内はガラガラ…。
華流シネマの人気の無さを改めて実感…(T_T)

中国語の方は、映画はセリフが短く、結構、リスニングが出来たかも。
言葉が分かるのは、嬉しいし、楽しい!

ちなみに、モロッコ旅行では、アラビア語やフランス語が出来なくて
ちょっと苦労した。
私の場合、英語もかなり覚束ないし…。
言葉が分かるのは大切だなぁ…と感じた旅行だった。
中国語だけでなく、他の言語も勉強しなくちゃ!
[PR]
by yuzitj | 2012-09-13 00:00 | ドラマ

ドラマ「五星大飯店」

a0101716_11562661.jpg


ドラマ「五星大飯店」
監督:劉心剛
脚本:海岩
出演:張峻寧(チャン・チュンニン)、牛萌萌(ニュウ・モンモン)、曹曦文
(ツァオ・シーウェン)、チャン・ユミ 他
放送:2007

昨年、中国CCTVテレビで放送されていたドラマ「五星大飯店」。
ドラマの放送が終了してから、このドラマのことを知ったので、時間を
見つけてはネットで観続けて、春節(旧正月)休み前にやっと観終えた。

このドラマの脚本は、有名脚本家・海岩によるもの。
海岩は、北京の昆侖飯店の総経理であり、中国観光ホテル業協会会長
でもある。
最近、彼は脚本家としては低迷が続いていたそうだ。
そんな彼が新たに取り組んだ脚本は、自分の仕事場を舞台にしたもの。
当然、力の入れ方も違うと思われる。

ストーリーは、五つ星ホテルに働く実直な青年が、恋人・客・友達・家族・
上司との間で、問題を抱えながらも、夢を追いかけつつ、“真実”に生き
ようとする姿を描いたもの。

大人たちの汚い生き方に反抗する、青臭いけれど素直で実直な青年たち
の気持ちが、心を打つ。
お金が関わると、どうしてこうも生きにくいのか…(--;)

日本の短いドラマと違い、32回もあると、なかなか内容が充実している。
ホテルの仕事の内情が分かったり、企業間の情報戦でドキドキしたり、
なかなか面白い。
このドラマでは、中国各地の観光地も紹介されている。
雲南の村や、玉龍雪山などでは、ミャオ族やチベット族の民族衣装を
着ていたりするのも興味深かった。

(以下、画像は新浪娯楽等より。)
[ドラマのシーン]
a0101716_11492342.jpg

ドラマの舞台となる万乗大酒店は、外観は上海のグランド・ハイアット、
ロビーは北京の昆侖飯店、客室は海南島のソフィテル・ホテルなど、
五つ星クラスのホテルを13も使って、撮影されたそうだ。
上海に旅行した時、グランド・ハイアット(金茂大厦)を見上げて、「万乗
大酒店だ!」と感動してしまった…(^^;)
今度、北京に行ったら、昆侖飯店のロビーを覗いてみたいと思っている。

このドラマの魅力は、何と言っても若手の俳優陣。
主役の張峻寧(チャン・チュンニン)はかっこいいし、彼を取り巻く女性
三人(牛萌萌(ニュウ・モンモン)、曹曦文(ツァオ・シーウェン)、チャン・
ユミ)も、それぞれ個性的で可愛らしい!
チャン・ユミは、韓国人女優であるが、ドラマの中では頑張って中国語の
セリフを喋っていた。
チャン・ユミは、勝ち気でワガママな韓国大企業のお嬢様役だったが、
ちょっとたどたどしい中国語の発音が健気だったので、思わず応援したく
なった。
この4人、これからもきっと活躍するに違いない!

[張峻寧(チャン・チュンニン)]
a0101716_11501534.jpg

[牛萌萌(ニュウ・モンモン)]
a0101716_11503412.jpg

[曹曦文(ツァオ・シーウェン)]
a0101716_11505891.jpg

[チャン・ユミ]
a0101716_11512011.jpg

このドラマ、最終回は「えっ!?これで終わり?」というような終わり方
だった。
私的には、とても不満の残る終わり方…(--;)
出来ることなら、この続きを「五星大飯店2」として作って欲しい!
それなら、満足するのだが…。

ちなみに、この「五星大飯店」、NHKが放送を交渉しているとか…。
「北京バイオリン」、「ホスピタル」に続いて、放送するのかな?
NHKが華流ドラマにも力を入れてくれるようになり、とても嬉しい(^^)
[PR]
by yuzitj | 2008-02-27 06:00 | ドラマ

ドラマ「美味関係」

a0101716_1231920.jpg


ドラマ「美味関係(繁体字で“美味關係”)」
原作:槇村さとる「おいしい関係」(コミックス)
監督:瞿友寧
出演:周渝民(ヴィック・チョウ)、侯佩岑(パティ・ホウ)、柯有倫(アラン・
コー)、頼雅妍(メーガン・ライ) ほか
放送:2007.9~2008.1

台湾ドラマ「美味関係」が、1月27日に最終回を迎えてしまった…。
リアルタイムでは見られないので、毎週1~2日後に、ネットで見ていた。
終わってしまって、本当に残念…(;_;)

原作は、日本でもドラマ化された槇村さとるの人気コミックス「おいしい
関係」。
中山美穂・唐沢寿明が主演した日本版のドラマも面白かったが、この
台湾版は、回数が多い分、更に面白かった(^^)

出演は、F4(現在、JVKV)の周渝民(ヴィック・チョウ)が小難しいフレンチ・
シェフの役、相手役は台湾の人気司会者・侯佩岑(パティ・ホウ)。
ヴィックの弟子役には、私生活でもヴィックと仲の良い柯有倫(アラン・
コー)。
ヴィックに片思いする役でお馴染みの頼雅妍(メーガン・ライ) は、やっぱり
このドラマでもいつもの役…(^^;)

コミカルで人情味溢れるストーリーなのだが、パティの表情もコミカルで
可愛らしく、ストーリーと役にとても合っていると感じた。

このドラマを観ていて気になったのが、JBC(Japanese Born Chinese、
日本華僑)の辜見賢役をやっていたイケメン俳優・谷炫淳(日本名:貴島
功一朗)。
台湾では、既に幾つかドラマや広告に出演していて、活躍している日本人
俳優である。
(彼個人のブログもあるようだが、開かない…。大陸からだから?残念!)
豪華キャストのこのドラマの中で、大物俳優さん達にひけを取らない演技
をしている彼はスゴイ!

それにしても、彼は中国語、頑張って喋っているなぁ…と感じた。
ドラマに出演するからには、セリフを喋らなければならない。
だから、頑張って当然なのだろうが、少しは私も見習わないと…(^^;)
[PR]
by yuzitj | 2008-02-04 06:00 | ドラマ

ドラマ「悪魔在身辺」

a0101716_15273640.jpg


ドラマ「悪魔在身辺(邦題:悪魔で候。簡体字:恶魔在身边)」
出演:楊丞琳(レイニー・ヤン)、賀軍翔(マイク・ハー)、王傳一(ワン・
チュアンイー) ほか
放送:2005
日本語公式サイト

高梨みつばの漫画「悪魔で候」が原作の台湾ドラマ。
普通の女子大生の主人公は、校内一の問題児に好かれる。
彼女もだんだん彼が好きになっていくが、実は彼が母親の再婚相手の
息子だったことから、二人の恋愛は順調に進まず…。

F4の「流星花園(邦題:花より男子)」がヒットしたことから、日本の漫画が
原作の台湾ドラマは多い。
そういえば、このドラマ、内容が何となく「流星花園」に似ているかも…。
台湾の女の子たちは、こういう学園物が好きなのかな?

楊丞琳(レイニー・ヤン)は、「流星花園」の優紀役で出演していて、純で
一途な女の子を演じていた。
このドラマでは、ちょっとドジな女の子を演じていて、とにかく表情が漫画
っぽくて、とても可愛らしかった。

大の哈日族(親日家)であるレイニーは、抗日戦争関係の質問で何度か
失言している…(^^;)
素でもそんな天然のドジっぷりを披露する女の子なので、おとなしい優紀
役の時よりも演じやすかっただろう。

エンディングテーマ曲「曖昧」は、レイニーが歌っている。
エンディングだけでなく、劇中も何度も流れるので、自然に耳に残る。
なかなか良い曲!

それにしても、このドラマは、色んなタイプの台湾イケメン俳優が出演
している。
賀軍翔(マイク・ハー)が出演しているドラマは初めて見たが、やはり
カッコイイ!
人気があるのが分かる。
このドラマでは悪魔のような存在ということで、ドラマの中で悪魔みたい
な(!?)キラー・スマイルを何度も見せる。
でも、時々ふと見せる優しい笑顔があまりにも可愛くて、そのギャップに
ついつい惹かれてしまう…。

王傳一(ワン・チュアンイー)は、F4の周渝民(ヴィック・チョウ)主演の
ドラマ「深情密碼」で観てから気になっていた俳優。
このドラマでたくさん観ることが出来て、ちょっと嬉しかった(^^)
マイク・ハーの弟役として出演していた童顔の曽少宗(フィガロ・ツェン)も
気になる存在だった。
(ちなみに、王傳一と曽少宗は、F4の弟分としてデビューしたが既に解散
してしまった“可米小子(Comic Boyz)”の一員だったそうだ。)

現在、「悪魔在身辺(邦題:悪魔で候)」はBS日テレで放送中。
(BS日テレの「悪魔在身辺」サイト)
台湾ドラマは、とにかく話が長い!
日本のドラマとはテンポが違うので、地上波ではなかなか受け入れられ
ないかも知れないが、たとえBSでも放送してくれているのが嬉しい(^^)


<おまけ>
F4の言承旭(ジェリー・イェン)主演の台湾ドラマ「白色巨塔(邦題:ザ・ホス
ピタル)」は、10月4日からNHK BS2で放送される
(NHK BS2「ザ・ホスピタル」出演者来日記者会見のサイト)
華流、もっと広がって欲しい!


<追伸>
中国では国慶節の連休となる。
今日から旅行に出掛けるので、ブログはしばらくお休み…。
[PR]
by yuzitj | 2007-09-29 06:00 | ドラマ

ドラマ「貧窮貴公子」

a0101716_10473845.jpg


台湾ドラマ「貧窮貴公子」
原作:コミック「山田太郎ものがたり」(森永あい)
出演:周渝民(ヴィック・チョウ)、朱孝天(ケン・チュウ)、劉畊宏(ウィール・
リュウ)、伊能静(エニー・シズカ)ほか
2001年

大学生・山田太郎は、カッコ良い上に、頭もよく、スポーツ万能、何でも
出来ることから、女の子達の憧れの的。
周りのみんなには、お金持ちと思われているが、実は超貧乏…。
周渝民(ヴィック・チョウ)が山田太郎を演じているのだが、本当に
ハマリ役!

ドラマは、とにかくとことんコミカルな作りになっている。
「流星花園(台湾版“花より男子”)」では、クールな花沢類を演じていた
ヴィック。
爽やか王子系の雰囲気は変わらないが、このドラマでは正反対の役柄。
ヴィックのコスプレも色々見れるので、ファンの人達にとっては、たまら
ない(!?)作品だろう。

[太郎役のヴィック]
a0101716_10422051.jpg


太郎の父親役は、同じくF4の朱孝天(ケン・チュウ)。
ケン・チュウがアフリカ現地人の格好をしたシーンがあるのだが、それが
私のツボにハマり、大笑いしてしまった…(^^;)

杉浦先輩役の劉畊宏(ウィール・リュウ)のコミカルさは突き抜けている!
涙が出るほど笑ってしまった。

私的に嬉しかったのが、このドラマの中で、よしもと・島木譲二の“熊ネタ”、
“パチパチパンチ”が見れたこと!!
(私は“吉本新喜劇”大好きなので…。)
ヴィックやケン・チュウと一緒に島木譲二が並んでるなんて!
F4と新喜劇が好きな人間にとっては、たまらないシーンであった(^^)

もうひとつ嬉しかったのが、エンディングの曲「晴天」(歌:ケン・チュウ)。
この曲は、Bluem of Youthの「If」をカバーしたもの。
かつて、Bluem of Youthのファンだった私…。
F4のケン・チュウがカバーしているなんて知らなかった!

…というわけで、「貧窮貴公子」は個人的に、すごくツボにハマるドラマで
あった(^^)
[PR]
by yuzitj | 2007-04-26 06:00 | ドラマ

ドラマ「たったひとつの恋」

a0101716_17363387.jpg


ドラマ「たったひとつの恋
日本テレビ
脚本:北川悦吏子
出演:亀梨和也、綾瀬はるか、田中聖、平岡祐太、戸田恵梨香ほか
2006.10~2006.12

完全にジャケ買いのDVD。
最近、2007年1月クールのドラマのDVDを見続けていたので、しばらく
日本のドラマは観なくてもいいと思っていたのに、可愛いデザインの
ケースに惹かれて買ってしまった…(--;)

でも、ドラマを観てみると、北川悦吏子の脚本にしてはイマイチかな?と
思いつつも、しっかりラストまで観入ってしまった。

ストーリーは、ユーミンの「Down Town Boy」の歌詞そのもの!
ドラマを観た時、私のようなオバサンの世代には、一昔前のドラマを思い
出させるような懐かしいストーリーだなぁ…と思ったが、今の“格差社会”
が叫ばれている時代、若い人達にとっては現実味のある話として新鮮に
受け止められたかもしれない。

主題歌は、KUT-TUNの「僕らの街で」。
DVDを観るまでは、財津和夫がドラマに出演しているので、てっきり
主題歌は財津和夫の曲なんだろうなと思っていた。
しかし、ドラマを観て、エンディングに流れてきた曲を聞いてみると、
思いっきり小田和正のメロディだった…(^^;)
KUT-TUNの歌も悪くないが、是非、小田和正の歌ったバージョンも
聞いてみたい。
[PR]
by yuzitj | 2007-04-10 06:00 | ドラマ