天津冬菜

昨年、雲呑(ワンタン)を作った時のブログにも紹介した冬菜。
冬菜は天津の特産品で、白菜を塩とニンニクで漬けた保存食である。

中国で全国的に有名な、天津の包子(バオズ:肉まん)屋である狗不理
の店に行った時、狗不理ブランドの冬菜を見かけたので、買ってみた。

[狗不理の冬菜]
a0101716_169415.jpg

a0101716_1692596.jpg

冬菜は、塩味とニンニク風味が効いていて、ザーサイのような食感。
具としても使えるし、調味料としても使える万能食品。

冬菜は塩漬けしてあるので、使う前に10分ほど水に浸して塩抜きをした
後、挽肉と炒めて炒飯の具として使ったり、豚肉と炒めたりする。

[冬菜炒飯]
a0101716_16123575.jpg

[豚肉と冬菜の炒め物]
a0101716_8481332.jpg

冬菜の塩味を活かすなら、サッと水洗いした後、雲呑(ワンタン)のスープ
の具&調味料として使っても美味しい。

[雲呑(ワンタン)]
a0101716_1616265.jpg

まだまだ冬菜はたっぷりある。
今度はどんな料理に使おうかな?


<おまけ>
炒飯の写真の奥に写っているのは、家楽(クノール)のインスタント中華
スープ。
お鍋にスープの素と水を入れて煮て、最後にかき卵。
とっても簡単で美味しいので、我が家の常備食となっている。

スープの種類は全部で8種類。
下の写真のは、“香菇鸡茸汤”、“海鲜汤”、“西湖牛肉羹”。
他に、“鸡茸玉米羹”、“酸辣汤”、“火腿玉米羹”、“鱼片蔬菜汤”、
“黑椒酸辣汤”がある。

[家楽(クノール)のインスタント中華スープ]
a0101716_16352432.jpg

[PR]
by yuzitj | 2007-12-11 06:00 | 天津
<< 老中医の漢方茶 天津、クリスマス・デコレーション >>